1858年、ダーウィン49歳のとき、イギリスの生物学者アルフレッド・ウォレスから同じアイディア(自然選択)の小論を受け取ったことをきっかけに、二人の小論を共同発表。

翌年発表した『種の起源』において、すべての生物種が共通の祖先から長い時間をかけて、自然選択により進化したことを明らかにする。『種の起源』は予想外の人気を博したが、自然選択説はすぐには受け入れられなかった。

晩年、ダーウィンは疲れやすくなったが、研究を止めることはなかった。1881年、72歳のときの最後の本では若い頃の関心に立ち戻り、ミミズが土壌形成に果たす役割を論じた。
1882年4月19日、ダーウィンは自宅で73年の生涯を閉じた。

ダーウィンの自然選択説は現在でも進化生物学の基盤の一つであり、生物多様性に一貫した理論的説明を与えている。

出典チャールズ・ダーウィン - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

チャールズ・ダーウィンの名言

チャールズ・ダーウィンの名言をまとめてみました。

このまとめを見る