1. まとめトップ

本格的に俳優に転身!?…ハリウッドデビューのベッカムがカッコいい

豪華俳優陣の他、デヴィッド・ベッカムが出演することでも話題の圧倒的なスケールの下剋上エンターテイメント映画『キング・アーサー』が、6月17日(土)より日本公開される。

更新日: 2017年05月17日

1 お気に入り 4566 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

isaaccさん

○ガイ・リッチー監督の最新映画『キング・アーサー』

「シャーロック・ホームズ」「コードネーム U.N.C.L.E.」で知られるガイ・リッチー監督が中世の騎士道物語に独自の解釈を加えて映画化した

アーサー役をチャーリー・ハナム、アーサーの最大の敵・暴君ヴォーティガン役をジュード・ロウが演じる。

○本作でハリウッド本格進出を果たす元サッカー選手デヴィッド・ベッカム

中世英国の騎士道物語「アーサー王物語」を新たな解釈で映画化した本作でハリウッド本格進出。

ベッカムはヴォーティガンが率いる軍に所属し、岩に刺さって抜けなくなった聖剣エクスカリバーを管理する兵士役として登場する。

○ベッカムの出演シーンを捉えた場面写真が公開

公開されたのは、元サッカー選手デヴィッド・ベッカムの出演シーンを捉えた場面写真。

元サッカー選手のデヴィッド・ベッカムが出演するシーンの場面写真が17日、公開された。

○重要なシーンの一端を担っている

目線の先には、チャーリー・ハナム演じる青年アーサーがおり、彼が聖剣を引き抜くというすべての始まりとなる重要なシーンの一端を担っている。

ベッカムはヴォーティガンが率いる軍に所属し、岩に刺さって抜けなくなった聖剣エクスカリバーを管理する兵士役として登場する。

部下を引き連れ、険しい表情で睨み付けるベッカムの姿からは、悪役としての風格が。

○ベッカムはガイ・リッチー監督との親交が深い

ベッカムはガイ・リッチー監督の前作『コードネーム U.N.C.L.E.』にもカメオ出演しているほか、リッチーの結婚式に出席するなど2人は親交が深い。

前作『コードネーム U.N.C.L.E.』(2015年)では、映写技師役としてカメオ出演するなど、2人は親友の関係性。

リッチーは「ベッカムにはスターの素質があると思う。『キング・アーサー』のどこかで登場してほしかったんだ」と明かしている

○このニュースはネットでも話題になっています

1 2