1. まとめトップ

【ネクタイ】GINZA SIXにアジア初出店のDrake's(ドレイクス)が凄い【マフラー】

話題のGINZA SIXに、ロンドンのブランド、ドレイクスがオープン。いろいろとこだわりが詰まっている凄いショップの模様です。一見の価値あり。父の日 クリスマス 誕生日 ギフト プレゼント 結婚式 紳士 ビジネス ギンザシックス 銀座 英国モノ ジェントルマン スーツ Drake's

更新日: 2017年05月19日

5 お気に入り 24926 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Bridleさん

ドレイクスとは?

Drake’s/ドレイクスは、1977年アクアスキュータムのアクセサリー・コレクションのデザイナーとして活躍していた、マイケル・ドレイクによって設立されました。メンズのハイクオリティーなウール、シルク、カシミア素材のマフラーやスカーフ、小物のコレクションからスタート。
2010年より、現在のクリエイティブ・ディレクターであるマイケル・ヒルのディレクションのもと、高級アクセサリーメーカーから真の「Design House」へと成長を遂げたドレイクスは、仕立てがいいことで知られていながらも着心地がよく、現代的でありながら、時代を超えた、独特で特徴的な美を備えています。

紳士的で且つ遊び心も持ち合わせた、洒脱な男性にぴったりのブランドです。

代表的なアイテムは?

その名のとおり、50オンスというヘヴィウエイトなシルク素材を使っていて、手染めによって表現された優美な光沢に品格が漂うネクタイ。ドレイクスを代表する定番品。
なかでもネイビーソリッドタイが人気中の人気。
ビジネスシーンから冠婚葬祭、あらゆるシーンにふさわしく、はずさないアイテムなので、ギフトに選ぶ方も多い模様。

marumix1985#newin.

ビームスハウス丸の内にて、
ドレイクスのソリッドタイ50オンスをゲト!
ドレのソリは既にインディゴを持ってましたが、今回はネイビーを。
色々ネクタイ買いましたが、今の所ドレイクスの50ozが一番好きですね。

グレナディンとはシルクやコットン、ウールなどの強撚糸を使った“からみ織り”で織られる織物のこと。 目が粗く、通気性に富んだ織りはとても丈夫でシワが出来にくく、深い光沢感と透け感、そして立体的な織りと柔らかさを持っています。 また、オールシーズン活躍できるといったコーディネート面での汎用性の高さも人気の理由の1つ。

shinsefy#ドレイクス #グレナディン の#ネイビータイ 購入。
立体感が良い!
ほぼスーツ着ないので、#ネクタイ もこれとブラックタイの2本だけにします。
物は少なく、ベーシックなアイテムを厳選。厳選。

価値のわかる大人の男性からの支持を得ています。
ドレイクスでまず1本タイを買うなら、50オンスかグレナディンのソリッドを選べば間違いなさそうですね!

秋冬シーズンでは、定番でシンプルなドレイクスのラムアンゴラマフラーが台頭。ラムウール75%, アンゴラ25%の比率で混紡したラムアンゴラは、非常に軽く、巻いた瞬間の柔らかな手触りを感じさせてくれるブランドの代名詞的な素材。
気になるあのウール特有のチクチクも感じさせないほどのタッチの良い肌触り。
上質な素材感も相まって肝心な保温性もしっかり兼ね備えています。

Masato Sawada‏
@masato826
ドレイクスのマフラーを買おうとしたら、プレゼント用に女子がたくさんマフラー持ってレジに並んでたので買うのやめた。買ってもらお

出典https://twitter.com/masato826/status/6924839547

特にクリスマスシーズンはギフト需要でたくさんの女子が殺到するようです。男女兼用で使えるシンプルさもGOOD。

他にはどんなアイテムが?どんな風につくられてる?

ドレイクスは、上記で紹介したタイやマフラーがとても有名。他にもチーフやサスペンダー、シャツなどのアイテムも以前から日本展開あり。
生産背景にもこだわり、ブランドのアイデンティティともいえるタイは、ロンドンの自社工場でハンドメイドで丁寧につくられます。
また、シャツにおいても、イギリス・サマセットにて完全自社生産を実現。英国メイドらしい確かな作り込みと現代的な軽妙さをバランス良く備えた仕立てが特徴。

世界の洒落者たちに支持されている

イギリスはセルフリッジやリバティ、アメリカではバーニーズ、バーグドルフグッドマンなど、名立たる有名ショップで取り扱いがある模様。
また、Instagramで#drakesで検索してみると、実に7万件近くのポストが。(2017年5月現在)
世界各国のファッションコンシャスなジェントルマンたちに愛され、十人十色のコーディネートがチェックできます。

そんなドレイクスが話題の商業施設、ギンザ シックスにアジア初の店舗を出店。

東京・銀座六丁目に、2017年4月20日(木)、銀座エリア最大の商業施設「ギンザ シックス(GINZA SIX)」がオープン。施設は、メゾンブランドの国内最大級の旗艦店が軒を連ねるファッションゾーン、人気コスメブランドが集結するビューティーゾーン、銀座 蔦屋書店&スターバックス コーヒー 銀座 蔦屋書店や日本初上陸グルメを含むライフスタイルゾーンと大きく分けられています。

銀座「GINZA SIX」。空港内モールの上に従来の百貨店を乗せたような作りだったのが一番の驚き。百貨店的な動線をあえて維持したようにも見える。心地よい角度の斜線を多用した内装は印象的で、エレベーターはまるで竹のように見える。

高級ブランド、土地、建物、近年稀に見る圧倒的な存在感と日本でも海外を思わせるこんな店舗づくりができるのか!と新しい日本の最先端を見ることができる場所です。駆け足で見ても2時間は欲しいところ。

1 2