1. まとめトップ

サイケデリック・ロック (英: Psychedelic rock) は、1960年代後半に発生し流行したロック音楽の派生ジャンル。主に、LSDなどのドラッグによる幻覚を、ロックとして体現化した音楽のことを指す。

グルーブ感漂うサイケな60年代風ギターリフに、リバーブのきいた浮遊感のあるボーカルラインが特徴となります。

16.Jimi Hendrix

ロックが好きと言う人の中でジミ・ヘンドリックスを知らない人はほとんどいないだろう。しかし、ジミヘンがメジャーで活躍したのは、1967年から1970年までのわずか3年,4年足らずの短い期間であった。

天才ギタリストとして多くのミュージシャンに多大な影響を与えたロックミュージックのパイオニアの一人。右利き用のギターを逆さまにして左利きの構えで演奏するスタイルで知られる。ギターを歯や背中で弾いたり、火を放ったり、破壊したりするパフォーマンスでも有名。アメリカの伝統的なブルースをベースにしながら、それまで誰も聞いたことのなかった斬新なギターサウンドや卓越した演奏技術、そして圧倒的なインプロヴィゼーション能力を披露することにより、ヘンドリックスは一般の音楽ファンはもちろんプロのミュージシャン達にも大きな衝撃を与えた。

17.Cream

クリームは、1960年代に活動したイギリスのロックバンド。メンバーは、ベーシスト兼ボーカリストのジャック・ブルースとギタリスト兼ボーカリストのエリック・クラプトン、ドラマーのジンジャー・ベイカーから構成され、しばしばスーパーグループの一つに数えられる。ブルースとハードロック、サイケデリックロックを融合させたサウンドが特徴。クリームは、ジミ・ヘンドリックスと共に当時の音楽シーンに多大な影響を与え、またヘンドリックスと共にワウを流行らせた。彼らは、ヘビーかつ技巧的である、という音楽を提示し、レッド・ツェッペリン、ディープ・パープル、ジェフ・ベック・グループのような、1960年代後半のイギリスのバンドに影響を与えた。

18.The Doors

デビュー・アルバム『ハートに火をつけて』は、1967年1月にリリースされる。アルバムは数日間で収録され、ほとんどの曲は第一テイクが採用された。ドラッグを連想させる歌詞など、アルバムはセンセーションを引き起こし、第2弾シングル「ハートに火をつけて(Light My Fire)」は大ヒットした。ビルボード誌では、1967年7月29日に週間ランキング第1位を獲得。1967年の年間ランキングでは第2位となった。バンドは、ジェファーソン・エアプレインやグレイトフル・デッドと並び、アメリカのサイケデリックバンドの一つとなった。

19.Jefferson Airplane

ジェファーソン・エアプレインは1960年代後半のサンフランシスコのサイケデリック文化を代表するバンドであり、1996年にロックの殿堂入りを果たした。1960年代に吹き荒れたビートルズ旋風/ブリティッシュ・インヴェイジョン、その影響下で続々と誕生したアメリカンバンド第一世代を代表するグループ。反体制や薬物体験を歌った歌詞などにより、60年代カウンターカルチャーの申し子とされる。また、ドラッグカルチャーやライトショウを駆使したステージに象徴されるサイケデリアの時代にバンドは最初のピークを迎えたというイメージもあるが、もっと幅広い音楽的要素を持っていると言える。

20.Grateful Dead

1965年にカリフォルニア州パロアルトで結成された。バンドのメンバーは5名から7名の間で変化し、スタイルはユニークで多彩なことで知られた。そのスタイルはカントリー、フォーク、ブルーグラス、ブルース、レゲエ、ロック、即興のジャズ、サイケデリック、スペース・ロックが融合した物で、ライブパフォーマンスでは長いインストルメンタルジャムが特徴であり、彼らの熱狂的なファンは「デッドヘッズ」として知られた。

1