1. まとめトップ

芸能界のモテ男!葉加瀬太郎や斎藤工に学ぶ海外流エスコート術

女性と激写された葉加瀬太郎や、人気俳優・斎藤工、ちょいワルオヤジのジローラモの、海外流エスコート術やモテ技についてまとめました。

更新日: 2017年05月18日

meow28さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 9649 view
お気に入り追加

世界的なバイオリニストとして知られ、年間100本ものコンサートをこなす葉加瀬太郎(49才)。現在、彼は自身のレーベルの15周年コンサートツアーを日本で行っているが、5月11日はオフ。夜の9時すぎ、都内高級住宅地にひっそりと佇む割烹料理店で、羽を休めていた。

葉加瀬はA子さんの椅子の背もたれには手を回すが、ボディータッチといえば、一度だけA子さんの肩に頭を乗せた程度。A子さんがトイレに立ったタイミングで支払いをすませると、店を後にした。

「葉加瀬さんは、いわゆる“色男”。オシャレでトークも軽妙で、何より女性には圧倒的に優しい。“特定の女性を口説く”というより、隣にいる女性をとにかく楽しませてあげよう、いい気分にさせてあげようというラテンのノリみたいなのがあるんです。だから、とにかくモテますよ」(葉加瀬を知る芸能関係者)

スキンシップはモテ男の始まり!

海外ではこれくらいのスキンシップは普通な事。

イタリア人男性にとって体に触れるスキンシップは、ごく自然なことなのでしょう。
女性の扱いにも慣れているので、目をじっと見て優しく笑顔でスキンシップをとるのがイタリア人男性です。

イタリア人男性は女性がいれば口説くのは当たり前です。
むしろ女性を口説かないのは悪いことのように、女性がいればすぐに口説こうとします。

イタリアではパンツェッタ・ジローラモさんのような、女性へ優しい配慮をする方が普通にいるそうです。

今更だけどエスコートって何?

日本人には馴染みのない「エスコート」ですが、海外じゃ当たり前すぎる常識です。

大辞林 第三版の解説

エスコート【escort】

( 名 ) スル
保護すること。つきそっていくこと。また、その人。多く女性を送る場合にいう。 「社長夫人を-する」

わかりやすく言えばちょいワルオヤジのジローラモ

芹那はジローラモにエスコートされ、仲良く腕を組んで笑顔で登場し「エスコートされることがなかなか無いのでドキドキしました」とウットリ。

日本人代表は人気俳優・斎藤工!

そこに段差があれば、女優さんでも桃でも物の怪でも片っ端からエスコートしていくスタンスのジェントルマン斎藤工。 pic.twitter.com/W6DANoRfly

本当に斎藤工エスコートしてる… えっ…一瞬やったけど船乗るのに 手貸す斎藤工…ナチュラル過ぎる そして薔薇。 なんて色男なんだ…

『高台家』観ていたら、なんとなく斎藤工がツボり、出てくるたびに「段差があれば女優でも妖怪でも桃でもエスコートする紳士ぶり」を思い出し、変なハマリ方をしたまま見終えました。まさしく「王子」でした、斎藤工。 #高台家の人

スポーツ選手も当然紳士

まずは初めてお会いし共演した女性には好きな物や興味のある物を聞いておいて、再び会う際には聞き込みした情報をもとにプレゼントをするらしいです。

また芸能関係者によるとタクシーで移動するときに女性がいるときは必ず武田が助手席に乗り、身長177センチで体重77キロとガッシリとした体格にもかかわらず同行している女性を気遣い自分の座席を目いっぱい前に寄せて、”後ろ狭くない?”と聞いてくれるさりげない優しさ。

韓流スターも女性に優しい!

韓国人男性には「女性は男性が守るもの」という考えが浸透しているようです。だからこそ、日本人男性にはちょっと恥ずかしいと感じられるようなレディファースト行為も、さらっとやってのけることができるのです。

1 2





meow28さん

気になったこと、好きなもの、勉強したことをまとめています。

このまとめに参加する