1. まとめトップ

『スクープつぶし』文春が新潮から盗み見疑惑 『スクープ至上主義』の行方

取次会社のトーハンは「中づり広告は秘密保持の対象とは認識していなかった「文芸春秋」広報部は「情報を不法に入手、それをもって記事を盗用したなどの事実は一切ありません」週刊新潮はこの中づり広告をコピーする文春担当の社員をとらえた写真を掲載しスクープ記事を盗み取り追いかけて書いていたと主張。

更新日: 2017年07月11日

3 お気に入り 1485 view
お気に入り追加

■週刊文春、ライバル誌「盗み見」の疑い 週刊新潮の中づり広告を業者から事前入手か 新潮側「スクープつぶされたことも」

書籍取次会社のトーハンが新潮社から受け取った中づり広告を文芸春秋(週刊文春)の社員に貸していたという

新潮VS文春が勃発!文春が新潮の広告を盗み見、スクープをパクっていた疑惑

週刊新潮は、「文春側がコピーを基に取材して締め切りに間に合うように記事を執筆した可能性がある」とみている

『週刊文春』に対して『週刊新潮』が「『文春砲』汚れた銃弾」と大告発の波紋

出典月刊『創』編集長・篠田博之

『週刊新潮』の掲載内容がどうも『週刊文春』に漏れているような気配を感じて、長期にわたって調査・取材を続けたところ、実は木曜発売の両誌の校了日である火曜日午後に、作成したばかりの車内吊り広告を、取次のトーハン経由で文藝春秋の社員が入手してコピー、社に持ち帰っていたことをつきとめる。その尾行による隠し撮り写真をグラビアに詳細に掲載しているのだ。

文春が新潮の中づりを盗み見。これ、「見せた」「トーハン」も「見た」「新潮社」も、その事実は否定していない。文春なんてそんなものと見ればよい。問題はトーハンが著作物を公表前に第三者に見せた事 #クロス

新潮社と文春の話、事実ならひどいな。中瀬親方が激怒間違いなしだぞw #クロス

■ スクープに執着する本当の理由

「上層部が、記者に何を求めるか、と公の場で答えを求められれば、企画の面白さ、取材力と答えるのでしょうが、実際は、スクープです。もう1にも2にも3にも4にも5にも6にも、とにかくスクープ。徹底的にスクープ至上主義です」

新潮の中づり広告、競合の文春に渡す 出版取次トーハン

出典朝日新聞デジタル

トーハンによると、文芸春秋の社員が定期的にトーハンを訪れ、新潮の中づり広告を借りていたという。
始まった時期などは調査中だという。トーハンの広報担当者は中づり広告について「秘密保持の規定がなく、仕入れ部数交渉のための販促資料という認識だった」と説明。「他社に関する情報なので配慮すべきだった」としている。

週刊新潮VS週刊文春 スクープ至上主義の闇。 トーハンのモラル問われる。

新潮社によると、新潮の中づり広告の締め切りは、週刊誌本体の締め切りより1日早い。
新潮と文春の発売日はほぼ同じで、文春側が新潮の中づり広告を記事作成に使っていた可能性があるとみて調査していたという。
新潮社は朝日新聞の取材に対して「驚きを禁じ得ないとともに、残念というほかありません。流通に携わる関係各社に協力を求め、真相を明らかにすべく調査を続けてまいります」とコメント

一方、文芸春秋は取材に対し「情報収集の過程はお答えしておりません。
情報を不正あるいは不法に入手したり、それをもって記事を書き換えたり、盗用したなどの事実は一切ありません」と文書で回答した

週刊文春の記事盗用疑惑、新潮社幹部「やっていけない領域…毎週でしょうね」

出典スポーツ報知

新潮社の伊藤幸人取締役が取材に応じた。伊藤氏は「法的なこととは別にジャーナリズムとしてやっていいこととやっていけないことがあると思う。
やっていけない領域に入ったと思わざるを得ない」と文春への憤りを露わにした。伊藤氏の見解では文春側の盗用は「少なくとも5年。毎週でしょうね」と明かしていた。

[エンタメ]新潮「スクープ潰された」、文春側は不正を否定 - NEWSポストセブン news-postseven.com/archives/20170… 「週刊新潮」を発行する新潮社(東京)は17日、ライバル誌「週刊文春」の発行元・文芸春秋(同)の営業担当者が週刊新潮の発売前に中づり広告を不正入手し…

おやおや、親しみある≪トーハン≫の社名に、何事ぞト開けば… NHKのニュースになるんだ。新潮社は「不正入手」だと抗議…窮屈だネ。中吊り広告で並んだり、背中合わせだったり…だが。見せ合えばいいのに。文春にバックがあるとも思えないがネ。 https://t.co/oHwi0NbixS

リビングに降りて行ったら、ミヤネ屋で文春の中刷りパクり疑惑やっていた。何でもOKなんだ!最悪!!「週刊文春」を発行する文芸春秋の営業担当者が、同日発売のライバル誌「週刊新潮」(新潮社)の中づり広告を出版流通業者から事前に入手してコピーし、文春編集部に渡していた疑いがある。だって。

小倉氏は「両方とも人気のある週刊誌ですから、どういうことになるんでしょうか」とコメントし、約20分にわたる特集を締めくくった

2誌に夫の離婚歴や婚外子などが報じられた菊川怜は一言も言葉を発しなかった。

トクダネ、今度は文春たたき?最近、政府批判記事が出るようになったから? 新潮社取締役がテレビで他紙批判て、異様じゃない?

新潮「スクープ潰された」、文春側は不正を否定

出典読売新聞

文芸春秋の営業担当者が毎週火曜日の午後、トーハン本社で週刊新潮の中づり広告を借り、近くのコンビニ店でコピーして自社に持ち帰っていた疑いがあるという。
文芸春秋広報部は「情報を不正、不法に入手したり、それをもって記事を書き換えたり、盗用したなどの事実は一切ない」とのコメントを発表。週刊文春の新谷学編集長の見解を近く公表することも検討しているという。

新潮社「文春編集部は週刊新潮のスクープの内容を事前に把握し、同日夜の校了までに週刊文春の記事に反映してきた」 「反映」する時間はかなり限られていて、厳しいように見えるができるものなの? 新潮「スクープ潰された」、文春側は不正を否定 yomiuri.co.jp/national/20170…

「やっていいことと、いけないことがある」by新潮社 …どの口が言うのでしょうか。発行部数のために週刊誌に事実無根のことを書いくのも十分やってはいけないことかと。文春も新潮も 新潮「スクープ潰された」文春側は不正否定 : 読売新聞 yomiuri.co.jp/national/20170…

週刊新潮を 朝イチで購入。『文春砲 汚れた銃弾』を読みました。内容には触れませんが、これは業界を大きく揺るがす大スクープ。スクープ至上主義の文春がスクープによって大打撃を受けるという皮肉な事態になるのか、、、

遂に週刊新潮がぶちギレたか。見出しだけではわからないが、「産業スパイ」は確かに潜んでるでしょうし、いつかこうなると思ってたからね。過去にはビートたけしらがぶちギレてフライデーを襲撃してるし。スクープ&売り上げ至上主義ですね。文春と「仲良し」の週刊女性も同じなんですかね。

『週刊文春』に対して『週刊新潮』が「『文春砲』汚れた銃弾」と大告発の波紋

出典月刊『創』編集長・篠田博之

『週刊新潮』の告発を受けてこの事件、どうなるのか。『週刊文春』の好調に水をさす可能性もあるし、取次だけでなく、この種の問題には業界全体として管理を厳しくしようということになるのは間違いないだろう。
広告原稿の事前の扱いについては、今後、出版界だけでなく、いろいろな業者の間でも検討がなされるかもしれない。

■ 文春の反論

週刊文春編集長、週刊新潮「文春に中吊り広告を盗み見られた」報道を受け声明

出典弁護士ドットコム

文春の声明は中吊り広告の盗み見については直接言及せず、「情報収集の過程で、他メディアの動向をつかむこと」はしばしばあると主張。「情報戦」は新聞やテレビなどでも行われているなどと述べた。

出典i1.wp.com

「週刊文春」が情報を不正に、あるいは不法に入手したり、それをもって記事を書き換えたり、盗用したりしたなどの事実は一切ありません。

私たちは毎週、締め切りギリギリまで全力で取材にあたっています。

すべての記事は自らの手で十分に取材を行い、必要な裏付けが得られた段階で掲載されています。

取材はギリギリまで行っているため、締め切りにタイムラグがある中吊り広告と新聞広告でその内容が異なることは決して珍しいことではありません

私たちにとって、スクープとは、極めて重い言葉です。それはまさしく他の追随を許さない決定的な独自情報を意味します。

「週刊文春」は、これからも読者の皆様に堂々と胸を張れる独自スクープをお届けすることをお約束します。

1 2





まとめようさん

皆さんのお役に立つまとめが出来る様に頑張ります!

※まとめによっては随時更新致します。