1. まとめトップ

タスマニアオオガニ【オーストラリアで捕獲】

甲羅の大きさだけでも38センチ。重さは約6.8キロ。

魚や甲殻類だけでなく、アヒルなどの鳥類も捕食していることがわかっています。

大きい個体では体長2mにもなり体重は65㎏もあります。

アナコンダは最も大きいものでは全長10m近く成長し、非公認ながら14mを超える目撃報告も存在します。

体重は100㎏を超え、大型の動物もその長い体で絞殺し丸飲みにしてしまいます。

ヘラジカはアメリカやカナダ、スウェーデンなどに生息しているシカの仲間です。

「オオジカ」とも呼ばれています。名前のとおりシカの中では比較的身体が大きく体長は3メートルを超え、体重は800㎏にもなります。

キタユウレイクラゲは別名「ライオンのたてがみ」と呼ばれており、ライオンの名に恥じない立派な巨体をしています。

クラゲとしては最大種で体長は触手も入れて30m、体重は250kgを超える個体が確認されています。

オヒョウは海水に生息するカレイの仲間ですが、成長すると非常に巨大になることで有名です。

最大級のものでは体長3m、体重200㎏にまで達します。

また、非常に獰猛な性格で漁師の間では危険な魚として知られています。

寿命も長く150年くらい生きるといわれています。

ヒグマはホッキョクグマに次いで巨大になることで知られており、体長は2.8m、体重は780㎏にまで成長します。

普段は魚を食べるおとなしい動物ですが、不意を突かれたときの攻撃は人間を即死させるだけの威力があります。

アメリカに生息するアメリカワニは6mをゆうに超える個体が確認されています。

マンボウは愛らしい姿からファンも多いフグ目の魚です。

大きいものでは体長3.3m、体重は2.3トンにもなる巨大魚です。

英語名は「オーシャンサンフィッシュ」といいます。

ナイルパーチは非常に大型のスズキ目の淡水魚です。

大きいものでは体長2m、体重200㎏近くまでに成長します。

画像にはとても大きなナイルパーチを捕獲した男性が写っています。

カナダに生息するオオカミは体長が1.5m、体高は80cmもある大型種です。

体重は90㎏近くあり、家畜や人を襲うこともあります。

ヒトデは「人の手」を意味し、その姿が手や星に例えられるユニークな海洋生物です。

貝や魚の死骸などを食べるおとなしい生き物ですが、その仲間には巨大に成長する仲間も存在します。

ホオジロザメは世界の多くの海に生息する巨大なサメです。

最大級の個体では体長が7m、体重は2500㎏になるといわれています。

餌のアザラシなどと間違えて人間を襲うことから古くから恐怖の対象として扱われてきました。

非公認ですが、10mを超えるホオジロザメの目撃が後を絶たず、さらに巨大な個体が存在すると考えられています。

アフリカゾウはガーナやギニア、アフリカ共和国などに生息する現存する中で最大のゾウです。

体長7.5m、体高4m、体重は1トンを超えます。

オオサンショウウオは世界最大の両生類で、大きいものでは体長150cmを超えます。

寿命も両生類の仲間の中では非常に長く、飼育下で51年生きた記録も残っています。

日本に生息しており、絶滅危惧種に登録されています。

記録上最も巨大なカメは「ゴリアテ」と呼ばれたガラパゴスゾウガメです。

体重は417キロ、体長は135センチでした。

ナポリタンマスティフ という種類の犬はその大きさから軍隊や警察で訓練されていた歴史がありました。

体高は75cm、体重は70㎏を超え画像のように馬と歩いていても違和感がありません。

「マンタ」は愛称で正式名称はオニイトマキエイといいます。

名前からもわかるとおりエイの仲間です。

マンタの最大個体はヒレを広げた横幅が8mにもなり、体重は8トンを超えます。

世界最大のネズミはイギリスのロンドンでみつかりました。

このネズミはなんと体長123センチで、体重は11キロありました。

このネズミは世界最大種のガンビアパウチラットでした。

世界最大のゴキブリはペルーやパマナに生息しています。

大きさは10センチと巨大なもので日本産の3倍のサイズです。

世界最大のクモは1965年に発見され、28センチという非常に巨大なものでした。

このクモは鳥さえ捕食して食べるといわれています。

1 2





masaru.ozekiさん

皆様のお役に立てるような興味ある「まとめ」を作成していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。