1. まとめトップ

この人とずっと一緒にいたい!!女性が結婚したいと思う瞬間とは?

恋愛と違って結婚には、基本的に「別れる」という選択肢はないからこそ結婚には慎重になるもの。だからこそ、今の彼氏が結婚相手に相応しいのか、今が本当に結婚するタイミングなのかとじっくりと考えて判断しています。そして彼との将来がイメージできた瞬間に結婚したいと思う女性が多いようです。

更新日: 2017年05月18日

egawomsieteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 9566 view
お気に入り追加

■結婚したくなる瞬間ランキング

Q.あなたが結婚したいと思う瞬間はどんなときですか?(複数回答)

1位 子どもが欲しいと思ったとき 36.7%

2位 恋人とずっと一緒にいたいと思ったとき 31.8%

3位 友人・知人が結婚したとき 30.9%

4位 働きたくないと思ったとき 29.7%

5位 仕事に疲れたとき 29.0%

■子どもが欲しいと思ったときに結婚を考える人は……

・「街でかわいい赤ちゃんを見かけると、自分も欲しいと思います」(22歳/IT/経営・コンサルタント)

・「特に結婚願望はないけれど、子どもを生むなら早いほうが良いと思うので」(26歳/食品/研究開発)

・「幸せそうな家族連れを見るたびに、自分も早くああなりたいと思う」(25歳/通信/秘書・アシスタント)

■恋人とずっと一緒にいたいと思ったときに結婚を考える人は……

・「遠距離恋愛中でなかなか会えないので、結婚したいなあと思ってます」(23歳/金融/営業)

・「デートの後に別れるときいつも寂しいので、結婚して同じ家に帰れたらいいのにと思う」(25歳/小売/販売)

・「何も用がなくてもいつも一緒にいられるのって幸せだろうな~と思う」(26歳/化学/研究開発)

■友人・知人が結婚したときに結婚を考える人は……

・「幸せそうな友人夫婦を見ると、結婚への憧れがつのります」(26歳/旅行/販売)

・「周りがどんどん結婚すると、取り残された気分になって焦る」(25歳/損保/営業)

・「そろそろご祝儀をもらう側になりたい……」(25歳/IT/SE)

■働きたくないと思ったときに結婚を考える人は……

・「仕事がうまくいかないときは、結婚に逃げたくなる」(26歳/金融/金融系専門職)

・「基本的に働くのが好きではなく、家庭に入りたいと思っているので」(24歳/自動車関連/サービス)

■仕事に疲れたときに結婚を考える人は……

・「支えてくれる人がいれば、仕事の辛さも半減すると思う」(26歳/化学/研究開発)

・「働くのに疲れると、誰かに養ってほしいな~と結婚願望がわいてきます」(28歳/IT/クリエイティブ)

■女性の方が「結婚したい」と感じている

ふとしたときに「結婚したいなあ」と思うことってありませんか。そんな瞬間について、20~30代の男女に聞いてみました。

「ふと、『結婚したいなあ』と思う瞬間がある」と答えたのは、男性32%、女性61%。女性は男性の約2倍、女性の方が結婚を意識することが多いようですね。

「SNSの他人の幸せそうな投稿を見たとき」(29歳)というように、周囲の幸せに影響されることが多い様子。そのほかに「これから一生1人でギリギリの生活をしてゆくことに絶望感が募ったとき」(26歳)といった、将来への不安もきっかけになるようです。

そのほかには「子どもが欲しいから」(25歳)、「家庭が欲しいから」(30歳)というファミリーへの憧れも。また「おいしい料理ができたときに誰かに食べてほしいと思う」(33歳)、「人を守りたくなったとき」(28歳)など、妻や母の優しさを感じさせるコメントもありました。

■頼りになる男らしい姿を見たとき

頭の回転が早く知的な一面に加わって、「俺について来い!」と堂々とした頼りがいがある男気溢れる彼氏の姿を見ていると、「この人に一生付いていきたい」と思うこともあるのでは?やはり、男性には女性を守れるくらいの甲斐性があってほしいものです。

また、男性は表面上の関係だけで付き合っている人に対して、悪いことをしたときは叱り、悩みごとの相談をしたときは共感の涙を流す…こんなことはしません。「興味がない人がどうなろうと知らない」というのが男性のスタンスです。

彼女が悪いことをしたら真剣に怒ってくれて、悩み相談をしたら慰めてくれる。こんな男性にこそ本当の愛情があるのです。「こんなにも私のことを真剣に思ってくれる人はいない」と深く感じることができたら羨ましい!

■価値観がピッタリ合ったとき

「趣味や食べ物で好きなものが一致していた」という些細なことでも、恋人と共通点が同じことを発見すると、「これってもしかして運命!?」と思ってしまうのでは?

他にも笑のツボや嫌いなこと、生活習慣などが似ていると、一緒に生活をしていてもイライラすることが少なく、結婚したら仲の良い夫婦でいられる姿を想像できます。幸せなキモチになれますよね。親近感が強くなると結婚意識が高まります。

■一緒にいるだけで安心したとき

ほとんどの人は、外で見せる『よそ行きの顔』と家でくつろぐ『本当の顔』を持っています。「付き合い始めはいいところだけを魅せたい!」という思いから遠慮しがちでなかなか素の自分を出せませんよね。

付き合ってから時間が経ってお互いに自然な感覚で接することができたとき、彼と2人でいて居心地が良いと「結婚したら、こんな感じなんだろうなぁ」と結婚したいと思うのです。

■友人の結婚式に参加したとき

特に初めて友達の結婚式に出席したときに、「結婚願望が高まった」と言う人は男女共に多いとのこと。「若いカップルだと結婚は将来のこと」と考えていて、今の自分たちには無縁の話と思いがち。

そんなときに同世代のカップルが結婚式を挙げているのを見ると、「これから幸せな家庭を築いていくんだろうな」と考え、自分たちが取り残された感覚になってきてしまいます。結婚適齢期の焦りや孤独感から、「私も早く結婚したい!」と思うのも時間の問題かも。

■家族が欲しくなったとき

仲のいい友達に子どもが産まれた。身近な人が女から母親になったのを見ると、「私も赤ちゃん欲しいな」と思ってしまうのが女性の母性本能。

女性は出産適齢期があり「子どもを生んで育てたい」と思っている場合はどうしても気になります。幸せな家族をイメージすると子どもの姿が見えるのでは?

■イヤなこと、キライなものが合う

特に付き合って間もない時、スキなことやモノが同じだとなんだか嬉しくなってしまいますよね。でも長い結婚生活で大切なのはどちらかといえば、イヤなこと、キライなものが合うということ。お互いそこをわかりあっているからこそ、その分ストレスは軽減されます。

■妊娠しやすい年齢を過ぎそうな時

女性の卵子は35歳を境に急激に減るのだと医学的にも言われているのだそうで、妊娠の確率が極端に下がるそうです。女性が30歳までには結婚したい、35歳までには結婚したいという理由は子供が欲しい人の場合は妊娠しやすい年齢のうちにと思う気持ちが少なからずあるからではないかと思います。

■お正月に親戚一同が集まる時

お正月に、親戚一同が集まり、甥や姪にお年玉をあげないといけない時!子供どころか、結婚もしていないので、あげっ放しで返ってくることがない。それどころか、親戚皆が集まるので、「彼氏は出来たか?早く嫁に行かないと行き遅れになる。」など、お説教されてしまいます。

最悪、友人からの子供の写真入り年賀状などが届くと、「あんたはいつの事やら!」とため息をつかれてしまいます。折角、仕事休みで自宅に戻り、ゆっくりしているのに、わざわざ、説教を聞きに帰っているようなもので、早く結婚がしたいっ!と思う瞬間です。

1 2





時事系のメルマガを08年から配信と(平日刊)。他に競馬(週3回)のメルマガを配信しています。他では自閉症の息子関連ブログなど