1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

arroz7さん

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

駆ける、活きる、護る。果てなき冒険を思いのままに。

広大な世界を舞台に、どこに行くのも、何をするのも、冒険のすべてがあなた次第。Nintendo Switchなら、自宅のテレビでじっくりプレイした続きを外出中に楽しむなど、プレイスタイルも自由自在。

何故あの時Switchを手に取ったか今でもよくわからない。
ただビール片手に、つまらなければ売ればいいと思って本体とゼルダを購入した。

出勤日だった昨日、電車の窓から見えた名前も知らない山を見て、
「登れそう」と思った瞬間、涙が溢れて止まらなかった。
傍にいた同世代のリーマン達には「なんだコイツ」と思われた事だろう。
(中略)
このゼルダは、俺が忘れた「挑戦と報酬」を与えてくれる。
地図無き世界を自由に探索できる、ワクワクする冒険が体験できる。

ハイラルを駆けまわった180時間、本当に楽しかった。任天堂のみならず、
ゼルダを支え続けてくれたゼルダファンの方々にもお礼を言いたい。最高の冒険をありがとう。

ゼルダやってたらその辺の山見て「お、あの山登れそう」って感覚になるらしいけとマジだ

ゼルダが楽しすぎて、空いている時間のほぼ全てをハイラルでの旅に費やしている。いやー、今週もいっぱい山登ったし、森の緑もきれいだったなーってなるのってどうなんでしょうね。実際は自室でコントローラー握りしめてモニター見てただけなのに。

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドのファミ通攻略本付属の特大マップをカラーコピーした!取得したコログのミの消し込み(書き込み)をしたいからね∩^ω^∩これで900個全部(残り18個)GETしてやるぞぉ〜(*`艸´)ウシシシ♪ pic.twitter.com/b46FiepNnA

レイジングループ

※ダウンロード専用ソフト

※対象年齢17歳以上

「おおかみ」信仰の残る地に夕霧立つとき、殺人儀式「黄泉忌みの宴」が開かれる!
「死に戻り」を繰り返し、惨劇を潜り抜け、怪奇事件の謎を解け。
「人狼(汝は人狼なりや?)」を大胆解釈したホラーサスペンスノベルADV。
 2015年に世に出て以来、各方面で絶賛され続ける至上の物語体験を、あなたにお届けします!

レイジングループは,大人気アナログゲーム「人狼(汝は人狼なりや?)」を不気味かつリアルにアレンジしたタイトル。

現代日本の集落で展開される不気味な信仰と,「黄泉忌みの宴」と呼ばれる殺人儀式に,バイク旅行者・房石陽明(ふさいしはるあき)が挑むという内容である。

『人狼』とテキストアドベンチャーを融合させることで、新たなスタイルを確立させたセンスが素晴らしい。「KEY」を使って選択肢をアンロックするシステムも、「やられたっ!」という感じ。ショック要素よりも、じわりじわりと迫ってくる気持ちの悪い恐怖は、本作ならではの怖さだ。
 また、「ひつじ」のような、ウィットに富んだキャラクターが普通に登場してくる突飛さも、非常に大きなインパクト。『人狼』を知らなくても問題なく楽しめる、敷居の低さも嬉しい。

switch版レイジングループ遊んでみたー。二度目の宴始まるところまで。 面白いなぁ、これ。 残酷描写あるっちゃあるけど割とマイルド。だけどまあ、色々子供向きではないね。 人間関係絡んでくるのが不穏だ。先が気になるけど、寝ないとなぁ。

ヤバイ、レイジングループやってると鳥肌が治まらん。もしかして大傑作なんじゃないのかこのゲームは

これなんです!! 週刊ファミ通さんのアドベンチャー総選挙、レイジングループがなんと7位に。7位!! すごすぎてちょっと意味がわかってません。 ちなみに誌面にはライター・amphibian氏のコメントも載せていただいてます!! famitsu.com/news/201706/08…

オクトパストラベラー

スクウェア・エニックスが贈る完全新規RPG『OCTOPATH TRAVELER』

“3DCG”と昔ながらの“ドット絵”、独創的なエフェクトが織りなす“HD-2D”によって描かれた幻想的な世界を、プレイヤーは自由に旅をしていきます。

本作は、親しみやすいコマンドバトルをベースに、「コマンドブースト」や「ブレイク」などの新システムを搭載。懐かしくも新しい、戦略的かつ爽快なバトルをお楽しみいただけます。

プレイヤーは、生れた場所も、旅の目的も、個性や特徴も異なる8人の主人公から1人を選び、旅立ちます。どこに行くか、誰を仲間にするかも、プレイヤーが自由に選択することできます。

このご時世にあえての2Dのドット絵だったのでどうなんだろう…と騙されたと思って買ってみたらすっかりハマりました。面白いです。
まるでFF6あたりをプレイしてるような懐かしさが蘇ります。バトルシステム等はシンプルで戦略を立てやすく繰り返していてもストレスがあまりないです。

シナリオが進むにつれて、当然、敵も強くなります。最初のうちはレベリングによるごり押しでも十分進めることができますが、後半は敵の攻撃パターンや攻撃の追加効果を把握してないと勝てない戦闘も発生してきます。

負けても敵キャラの分析を楽しめる方にはお勧め。

オクトパストラベラー,クリア後シナリオもクリアー! なにからなにまで,本当に素敵なゲームだった… 最高の体験をありがとうございました!! #オクトパストラベラー

オフィーリアの導きでみんな救われていく…尊い… クリア後のサブクエでみんな幸せになっていくの良いな~ #オクトパストラベラー #NintendoSwitch pic.twitter.com/4JdQeLvt4B

オクトパストラベラーがほんとに神ゲーだった こっちの手ごま変わってないのにやり方を工夫するだけで勝てるのがとっても楽しい

1 2 3 4 5 ... 13 14