1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

200年ぶりの大発見!「新しい青」が色も性質も完璧すぎる

200年ぶりに発見された「新しい青」のクレヨンが発売されることに!「新しい青」はとても鮮やかで、綺麗。大手クレヨンメーカーの「クレヨラ」は発売に合わせ、色名称を募集中のようです♪ ぜひ名付け親になってみては♪

更新日: 2017年05月20日

Odorujan08さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
184 お気に入り 89453 view
お気に入り追加

200年ぶりに発見された「新しい青」

紺色や藍色に近い深みがあることや、ショッキングカラーのような主張の強さも併せ持つことから、「完璧に近い鮮やかな青色」ともいわれている

大手クレヨンメーカーのクレヨラ(Crayola)がこれを新色として年内にも発売する

ついに製品化されるようです♪

「新しい青」は完璧な性質も兼ね備えている。

極めて安定した化合物であるため、色があせることもなければ、毒性もない。

塗料メーカーや美術家も注目している

発見されたのは、8年前の2009年

大学の研究室のオーブンで化学物質を加熱していた際、偶然発見された

学生らと共に、電子工学に活用できる新たな材料の製造を模索していた時だった。

教授らは原料であるイットリウム、インジウム、マンガンの元素記号を取って「インミンブルー」と命名

現在は、クレヨン製品としての「色名称」を募集中

青色顔料の発見は、200年ぶりの快挙

1802年にフランス人化学者のルイ・ジャック・テナールがコバルトブルーを発見して以来。

「新しい青」という響きがいい。《「驚きなのは、人類史の大部分を通じて、各文明が青色に塗れる無機顔料を求めながら、往々にして限られた成功に終わっていたという事実だ」》 → 「新しい青」200年ぶりに発見、クレヨンとして年内発売へ headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170516-…

”省エネ効果”にも期待が集まる

太陽からの紫外線をはじくため、建物内を涼しく保つ省エネ対策に活用できるのではないかと関心を寄せる企業も

例えば屋根などの塗装に使用すれば、高い遮熱効果でエアコンなしでも涼しく快適でいられるのだという。

そしてきょういちばん好きなニュースです →「新しい青」200年ぶりに発見、クレヨンとして年内発売へ(The Telegraph) - Yahoo!ニュース https://t.co/kMBKQDIB3

世界中の屋根が青く染まり、同時に省エネも進む、そんな未来もそう遠くないのかもしれません。

現在、クレヨンの新色として名称を募集中

大手クレヨンメーカーのクレヨラは子どもたちに対し、新色の名前を付けてほしいとアイデアを募集中。

6月2日締め切りで、
新名称は9月に発表される予定だそう。

新しい青が見つかったんだって! 子どもたちから名前を募集してるんだって!大人も考えてみたい! 僕は「ブルーブルー」! 青に青を足したみたいに見えるから! 皆さんはいかがですか? headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170516-…

5月5日に開始されたTwitterでの公募には、「アクシデンタリブルー」「ブルーティフル」「ブルー・ラグーン」「ディープシーブルー」といった案が集まっている。

どんな名称になるのか、楽しみです♪

1





Odorujan08さん

欅坂が大好きなプレ花嫁*ゆっかー推し*
目指せ欅にまみれたウェディング!そして来る新生活!のために貯蓄&情報収集中⭐️ 興味のあることが中心!