1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

大注目ネオソウル"Buttering Trio"と彼らが牽引する最新イスラエルJAZZシーン

今世界でもっとも熱い音楽シーンのひとつ、イスラエル。JAZZもエレクトロもソウルもR&Bもアラブ民族音楽も飲み込んだ全く新しいサウンドを奏でる3人組「バタリング・トリオ(Buttering Trio)」に大注目!現代ジャズにおいて世界最先端を行くイスラエルで、彼らが与えている影響は多大です。

更新日: 2017年05月20日

41 お気に入り 4734 view
お気に入り追加

ヤバすぎるサウンド、イスラエル発「バタリング・トリオ」

イスラエル第二の都市テルアビブを拠点に活動するユニット。
ジャンルはネオソウルと呼ばれる。

メンバー:
KerenDun (Vo, Sax)
Beno Endler (Bass)
Rejoicer (Synth, Prog)

イスラエルから登場したバターリング・トリオは、地中海・中東の民族音楽のエッセンスも加わったハイブリッドでフューチャリスティックなソウル・サウンドによって、耳の早いリスナーを虜にしている。

イスラエルのHiatus Kaiyoteとか言われてるらしく、LAのMoonchildなんかにも近い感じのTRIO♫

そのサウンドはネオソウルの旗手、ハイエイタス・カイヨーテやLAのMoonchildとも比較されるほど。

Boiler RoomやHudson Mohawkeのオープニング・アクト、ヨーロッパを中心とした各地フェスに出演するなど話題沸騰中です。

日本での知名度はまだまだですが、確実にこれから来るバンドです。

イスラエル出身の3人組

メンバー:
KerenDun (Vo, Sax)
Beno Endler (Bass)
Rejoicer (Synth, Prog)

女性シンガー・ソングライターのKerenDunと、ベーシストのBeno Endler、トラックメイカー/プロデューサーのRejoicerから成るテル・アヴィブ拠点の3人組

所属レーベルはRaw Tapes。

欧米的なヒップホップやファンクのサウンドで、ジャイルス・ピーターソンやスヌープ・ドッグにも絶賛されている注目のアーティストです。

欧米的でおしゃれな曲の中に、エチオピア音楽やアラブ音楽の要素が見え隠れするのが、魅力

これまでに発表されているアルバムは2枚

2016年の最新作。まずはこれから。
2017年には日本国内盤も。

iTunes Music:
https://itun.es/jp/KV05hb

2013年のデビュー作。
斬新なシンセサウンドてんこ盛りで、既に才能がフルに爆発しています。

iTunes Music:
https://itun.es/jp/_Q4R0

とにかくサウンドを聴いてみよう! MV集

みんなの声

バターリング・トリオの新譜めちゃくちゃいいなぁ〜〜♪

しばらく、ずっと、この人達の音楽を聴いています♪。ハイエイタス・カイヨーテ好きは、マスト!!。 Buttering Trio - Unexperienced youtube.com/watch?v=kFIkxt…

昨日みつけたイスラエルのバンドがめっちゃかっこいい。"trying to bring the funk to the desert" Buttering Trio Boiler Room Tel Aviv Live Show youtu.be/r-M2rWCQZnM

イスラエルのテルアビブ出身の三人組バタリング・トリオ(Buttering Trio)の、去年出たアルバム『Threesome』からの曲です。フューチャーソウルという感じで最高です。中東からこんな音楽が出てくるというのが驚きだなぁ。 youtu.be/AemPH0S15M4

Buttering Trio が導くイスラエルJAZZ最新音楽

バターリング・トリオの斬新なサウンドは、今やニューヨークと並ぶ現代JAZZの中心地となったイスラエルのJAZZシーンにも大きな影響を与えています。

▽ 天才ピアニスト、ニタイ・ハーシュコヴィッツ

イスラエル出身で現代ジャズを代表するベーシストのアヴィシャイ・コーエンのバンドに抜擢された若き天才ピアニスト、ニタイ・ハーシュコヴィッツ(Nitai Hershkovits)初のソロアルバム。

iTunes Music:
https://itun.es/jp/Vu14ib

イスラエル出身、現在はニューヨークで活動するピアニスト。ニタイ・ハーシュコヴィッツの素晴らしいソロ・デビュー作。

1 2





質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

【得意分野】
IT
スマートフォン
音楽
雑学
子育て
レッサーパンダ

よろしくお願いいたします!