1. まとめトップ

手間いらず!シャンプーに○○入れると髪や頭皮に驚きの効果!

コスパが良く、誰でも簡単にできます。家の中を探したら出て来るものばかりの重曹・塩・蜂蜜・白ごま油を加えるだけです。手間いらずのばかりを集めてみました。

更新日: 2017年06月16日

25 お気に入り 31975 view
お気に入り追加

【重曹シャンプー】

普段使用している一回分のシャンプー量+重曹一つまみ(シャンプー約5gに対して、重曹約1g程度)+シャンプーと同量くらいのお湯をよく混ぜて泡立てたら完成。
※シャンプー後は普段通りトリートメントやコンディショナーをしてください。

大事な事は、髪というよりも頭皮を意識して洗う事です。
頭皮を優しくマッサージするように汚れを落としましょう。

◎効果

重曹には油を乳化する作用があり、頭皮の毛穴に詰まった皮脂を浮かせて洗い流す効果が期待できます。

悪臭を中和分解する作用がありますので、頭皮の気になる臭いもとってくれると言われています。 また、頭皮のかゆみを防ぐ作用もあります。

食用の重曹を使用する

シャンプーに使用する際は顔や体にかかるので、食用の重曹を用意する事をおすすめします。

【クエン酸リンス・酢リンス】

■原液:水500ml+クエン酸 大さじ2杯を容器(ペットボトルなど)に入れて、10~20回程度上下によく振って混ぜます。この液がクエン酸リンスの原液になります。
■使用時:洗面器にクエン酸リンス原液を大さじ1~3杯と、洗面器半分~8分目程度(約1~1.5リットル)のお湯を入れて完成。

酢リンスで使うお酢としてオススメなのは、アミノ酸を豊富に含む『黒酢』ですが、穀物酢や普通のお酢でも構いません。

洗面器にお酢を溶かしたものを髪にかけ、その後綺麗に洗い流すだけで、しっかり洗い流せば臭いは気になりません。

クエン酸リンス、酢リンス、どちらでもOKです。

【お酢+レモンピールでつくる】

お酢を入れた瓶に刻んだレモンの皮を入れ、1~2週間ねかせます。これがヘアコンディショナーの代用品になるなんて想像できますか? マグカップ1杯の水にこの酢を小さじ1杯入れ、洗髪後にこのお酢レモンでやさしく洗い流すだけで、髪にハリやコシが!

【塩シャンプー】(抜け毛で悩んでいる人にお薦め)

抜け毛の原因

女性の抜け毛原因は、ホルモンバランスの乱れが大きく関わっています。ホルモンバランスが乱れると頭皮の新陳代謝が低下し、髪の毛が細くなったり、抜け毛を引き起こします。そのため、妊娠中、産後、閉経など、ホルモンバランスが乱れやすい30代~50代の女性は、抜け毛の悩みが増えやすいのです。

◎塩シャンプーの作り方

まず髪を十分に濡らし、洗面器一杯に大さじ1程度の塩を入れ、そのお湯で主に頭皮をマッサージするように洗い、最後にシャワーで十分に洗い流すというものです。
これは以前に話題となった、お湯だけで髪を洗う「湯シャン」の発展形といえます。

皮膚の弱い方などは3日に1回位、塩シャンプーの後は必ず水で洗ってください。

・塩シャンプーの時は、普通のリンスは使っても良いの?

塩シャンプーの時は使っては駄目です。

塩シャンプーの時は、クエン酸リンスか酢リンスを使いましょう。

ドライヤーで乾かさない

せっかく頭皮の脂を水仕上げで毛穴を締めたのに、ドライヤーを使ってしまったら一度締まった毛穴が再び開いて、脂が出続けることになります。

◎効果

頭皮の皮脂バランスの乱れを整え、代謝を促す働きがあります。そのため、ターンオーバー機能を整え、頭皮の乾燥肌予防にも効果的なので、フケ・かゆみを防ぎます。また、塩に含まれるナトリウムイオンには、タンパク質汚れを落とす働きがあるため、塩シャンプーをする事により、古くなった角質を排除し清潔な頭皮環境を保ちます。

1 2





小豚の国のももちゃんさん

見てくださった方、ありがとうございます。

このまとめに参加する