1. まとめトップ

【就活している人必見!】ブラック企業の見極め方まとめ

会社の面接とは単に『雇って頂くための場』ではありません。こちらが『会社側を注意深く偵察し、会社の人間の人柄や将来性を査定する場』でもあります。

更新日: 2017年08月04日

4 お気に入り 334 view
お気に入り追加

1.面接前に「会社名、評判」で検索をかける

2.面接先の掃除が行き届いていない・汚い

3.面接官が名前を名乗らず、会社説明がない

4.圧迫面接を行うことで面接官がストレスを解消している

5.代表取締役社長(CEO)がメタボである

私腹を肥やす

しふくをこやす【私腹を肥やす】

公の地位や立場を利用して私財をためる。 「業者の利権争いにつけ込んで-・す政治家」

アメリカでは喫煙者や肥満の人は社長になる資格はないいと言われていますがなぜですか?

アメリカでは喫煙者や肥満の人は社長になる資格はないいと言われていますがなぜですか?日本ではそんなことないですか?

喫煙者であったり肥満であったりすると「自己管理できない人間」というイメージを持たれるからでしょうね。
勿論、一般的にそういったマイナスイメージがあるからと言って、「肥満や喫煙者だと絶対に社長や大統領になれない」ってことでもないでしょうけど。何も「肥満や喫煙者であるかどうかだけが社長になれるかどうかを決定するファクターだ」なんてことはありませんから。肥満や喫煙者であっても他の要素でそのマイナスイメージの影響を払拭できれば、社長になれることも当然ありえるでしょう。あくまで「喫煙や肥満はその人物を評価する上でマイナス要素のひとつになる」ということだと思います。

社員のメタボ比率は業績に関係するのか:日経ビジネスオンライン

いわゆるメタボ社員が多ければ、それだけ生活習慣病にかかるリスクが高まるし、もし発病したら業務にも影響を及ぼす。会社の目標達成や業績にも響くというわけですね。つまり、単なる福利厚生施策の一環ではないのですね。

浅野:一見、労働安全とか福利厚生が目的と思われるかもしれませんが、そうではありません。労働生産性の向上や新規事業などイノベーション創出を目的に捉えています。ひと言で言えば、「企業存続のための投資」です。「お客様からは感謝され、社会からは高く評価され、社員は活き活きと仕事をしている」というのが、私たちが考えるゴールイメージです。

デブの経営者に成功者はいない!!

デブの経営者は流行らない!?

経営者は普通の人よりも外に出る機会も多く、たくさんの人と出会うので、第一印象が大事になってきます。

だらしのない体型でいると「自己管理ができない人」と判断され、仕事を任せても大丈夫かなと不安視されることもあります。

成功している経営者には秘訣があった

会社の経営者は仕事上他社と顔を合わせることが多いので、引き締まった体をしていると取引先にも良い印象を与えます。

健康な身体はいくらお金があっても手に入れることはできませんが、トレーニングすることによって病気を予防し、健康を維持することができます。

また、肥満やストレスなど様々なことが原因で病気になってしまう人が増えている社会で、肉体改造をすることによって精神面も鍛えられます。

1 2





feelthebernjapanさん

色々な情報を調べてまとめています。元ネタ記事書いてくださった方ありがとうございます。そちらのサイトにアクセスが飛びますように!自分さえよければ良い強欲な富裕層を除いた人々が平和で幸せでありますように!