1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

著名人も反発「共謀罪」が話題…プライバシーや国連報告者に反響

「共謀罪」の成立要件を改めた「テロ等準備罪」が衆院法務委員会可決…現状と問題点やネットからの反響が気になります。

更新日: 2017年05月20日

8 お気に入り 18577 view
お気に入り追加

国会で紛糾している共謀罪が話題

犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の構成要件を改め「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案

19日午後、衆院法務委員会で可決された。民進党や共産党が抗議する中で、与党が質疑を打ち切って強行採決に踏み切った。

安倍首相はテロ対策を強調しているが、そのテロリストをどうやって見つけるのかということについて不安視する声も少なくない。

そもそも「共謀罪」「テロ等準備罪」とは?

重大な犯罪にあたる行為を「団体の活動」として「組織により」実行しようと共謀すると

実際に犯罪を行わなくても、何らかの犯罪を共謀した段階で検挙・処罰することができる。

共謀罪の問題点は、どこにあるの?

警察の捜査、情報収集、情報蓄積の権限が大幅に強化され「日本の監視社会化が避けられない」という点

内通や何らかの理由で警察が目を付けるといった監視社会であるということ。こんなことが横行すると、気に入らない人を内通することによる冤罪事件が増える危険があります。

安全安心を究極的に追い求めれば、自由やプライバシーは死滅する。果たしてそれでいいのだろうか。

国内外から懸念する声も…国連プライバシー制約の恐れを懸念

【国連も懸念】プライバシーの権利に関するケナタッチ国連特別報告者は、衆院法務委員会で強行採決された共謀罪法案について「プライバシーや表現の自由を不当に制約する恐れ」を懸念する書簡を安倍首相宛に送った。恣意的運用の恐れがあると指摘。goo.gl/JSnwdr

この共謀罪に関連するニュースはネットから様々な反響

それにしても、「共謀罪」で、刑法体系を根本から変えられてしまって、刑法学者の方々、実務の方々は今どんな感想を抱いているのか、大いに興味のあるところです。学説とか、判例とか、暴走する時代の猛獣に追いついていけるのでしょうか。

共謀罪みたいな要らん法律が通っちまうのは反対する連中と同じ側には死んでもいたくないという「ダメだあいつら」の心理だといい加減気付いてもらえんだろうか。

共謀罪、初手から濫用させたいよね。オタクのみんなで面白おかしく悪いこと計画して下見オフ会やって。最初の摘発がオタク系だと共謀罪反対デモの人達も困惑しそう。

国連から、共謀罪法案に対する質問状が政府にきたそうです!プライバシー権に関する〜〜制約する恐れがあることについて、5つのこと。本日、未明に来たそうです。国連のウェブサイトに出ているらしいです。

そういう懸念は、まともな法感覚を持っている人ならば当然抱くでしょうね。。。。 RT 共謀罪:プライバシー制約の恐れ 国連報告者、政府に書簡 - 毎日新聞 mainichi.jp/articles/20170…

これらの状況を踏まえると、今回の発表は個人的には「国連という絶対的に正しい(ように見える)組織の名の元に、プライバシー制約の恐れという一見もっともらしい名目(テロ防止はどうでもいいのか)でただ単に【日本を貶めているだけ】」だと思う(毒)。大体今の国連に一体何を期待しているのか。

そこらの週刊誌記者みたいな国連報告者の意見書を、さも国連から意見が出たかのように書くマスゴミ。表現の自由=捏造の自由じゃない。

国連と国連報告者はまったくの別物。言うなれば、週刊文春とフリーランスの記者みたいなもの。 週刊文春に記事を書く〈フリーランスの〉記者が文春を代表して文句を云ってきたら、これは筋違い。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。