1. まとめトップ

ドゥテルテ大統領「中国に天然資源を採掘すれば戦争になる、と警告された」

ドゥテルテ大統領「わが国のものだから天然資源を採掘するつもりだ」と発言したら・・・・

更新日: 2017年05月20日

345tyanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 86 view
お気に入り追加

「わが国のものだから天然資源を採掘するつもりだ」と発言したところ、中国側から「無理に進めるのであれば戦争になる」と警告された

フィリピンのエネルギー事情

フィリピンの電力の約4分の1は天然ガスによって発電されている。このガスの最大の供給源となっているのがパラワン島沖にあるマランパヤ・ガス田だ。しかし同ガス田は10年後には枯渇してしまう。

次なるエネルギー源の確保が急務だが、幸いなことに南シナ海のリード堆近辺にマランパヤ・ガス田の3倍以上という巨大ガス田が存在することが確認されている。問題はその海域は中国が領有権を主張しているという点にある。

国際法廷の判決は法的拘束力はあるが、強制執行する権限はない

フィリピンは2016年7月の仲裁判決で南シナ海の領有権争いに関する自国の主張が認められ全面的に勝訴した。

中国もフィリピンも国連海洋法条約に批准していて、同条約に基づいて行われた仲裁裁判の判決を遵守する国際法上の義務を負っている。しかし国際法廷は判決を強制執行する権限がない。

仲裁判断の主なポイントの一つ

南沙諸島のリード堆付近での中国の石油探査は、フィリピンの主権を侵害している。

1





345tyanさん

このまとめに参加する