1. まとめトップ

【何故?】天然記念物 コウノトリ 猟友会の男性に誤って射殺される

島根・雲南市で、国の天然記念物コウノトリをハンターが誤射。サギとコウノトリの違い。ネットでも話題に。ニュース詳細・反応まとめ。

更新日: 2017年05月25日

game7lさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 10236 view
お気に入り追加

■天然記念物 コウノトリを誤射 ハンターが誤り・・・

19日、島根県雲南市で、野外に巣を作ってヒナを育てていた国の特別天然記念物のコウノトリ1羽が、野鳥の駆除をしていた猟友会のメンバーに誤って撃たれ死にました。

市教委などによると、害鳥の駆除活動をしていた地元猟友会のメンバーが、同日午前、雲南市大東町の巣から約3キロ離れた水田にいたコウノトリをサギと間違って撃ったという。

市教委が足輪で識別したところ、この雌は兵庫県豊岡市で2012年に生まれ、昨年11月ごろに島根県東部に飛来。今年3月に雲南市で巣作りが確認され、4月にヒナが誕生していた。

野外での孵化は、兵庫県豊岡市で2005年に放鳥が始まって以降、豊岡市とその周辺以外では、今年3月の徳島県鳴門市に続き2例目だった。ヒナは無事という。

市の教育委員会は、残されたヒナの保護対策について、検討している。

▼コウノトリとサギの違い

サギとコウノトリは、水辺に生息し、水棲動物を食べる大型の首の長い鳥という特徴において共通している。しかしコウノトリは、サギの最大種のアオサギと比べても明らかに大きい

▼ネットの感想「そんな奴に免許と猟銃もたせたらアカンとおもう」「コウノトリとサギって明らかに違うだろ」「なにやってんねん猟友会」など

誤射でコウノトリ撃って殺すって、そんな奴に免許と猟銃もたせたらアカンとおもう。

どうして誤射したかは知らんがサギとコウノトリを間違える人間に銃を持たせるなよ

コウノトリとサギの識別ができない人間が猟銃を持ってはいけない

これで行政が誤射が起こることの重大さを認識して動いてくれればいいんだけどさ。前々から狩猟雑誌の誤射事件でSNS上で騒ぎ立ててたのが、「行政が大事に大事にしてるコウノトリが撃たれた」ってことでやっとこさ表面化した感じだね。

このコウノトリの尊い犠牲により狩猟に関する法は改訂されるのですかね???????

ハンター(笑)は生き物を見分けるのが苦手なフレンズだから、サギとコウノトリの違いも、コガモとトモエガモの違いもわからず誤射しちゃうし、奄美ではヒシクイ殺すし、ついでに同じ山に入ってる他の猟師も殺す

今回のコウノトリの件、真面目に(?)駆除に取り組まれてる方や、ちゃんとした(?)狩猟免許保持者にも失礼な話なのでは? こうして狩猟免許や駆除のイメージを悪くしている気がしなくもない。

サギとコウノトリ見間違えるのも相当だけど、これを機にコウノトリ保護だけじゃなく別の生き物保護もしようね

ハンターがコウノトリを撃ち殺したのか。引き金引く資格ないから許可取り消しでお願いします

1 2





game7lさん

ご参考までに。