1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

愛された老舗が…。築地「佃權」の閉店に悲しみの声が止まらない

築地の老舗「佃權(つくごん)」が2017年6月末で製造販売から撤退することになりました。長く築地場外市場の土産としてメディアでも多く紹介されていたお店ですが、何故急に撤退が決まったのでしょうか?

更新日: 2017年05月20日

10 お気に入り 44904 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nakanatsuさん

■築地「佃權(つくごん)」の閉店が決定してしまった!

練り物で有名な築地「佃權」

1868年から続く練り物の老舗、築地の「佃權(つくごん)」が6月末で製造販売から撤退することがわかりました。

築地から、観光客にも愛されてきた名物店の灯が消える。残念でなりません。
6月末までに味わっておきましょう!

■今更だけど佃權ってどんな店?

練り物を扱う店ですが、それだけではありません!

佃權の「特選だてまき」は農林水産大臣賞を受賞しています。

実績もあります。

佃權の始まりはなんと1868年!140年の歴史があります。

長いッス…

人気商品は白身魚のすり身に玉ねぎを練り込み、ベーコンを巻いて揚げた「千代田」という揚げかまぼこ

どの商品も美味しいのです

東京・築地「佃權 つくごん」を、グルメリポーター彦摩呂がノンストップで紹介しました。

■佃權の閉店に悲しみの声が止まらない

個人的にも残念でなりません。

ギャーッ!佃權が6月末で製造販売から撤退って・・・。佃權の練り物大好きなのに~っ!ショック、ショック、ショック(T_T) #佃權

築地の「佃權」が製造販売を辞めるなんて。大江戸線築地市場駅のアナウンスに流れる佃權。「手作りかまぼこの・・」が「セクシーかまぼこの・・」と聞こえる空耳がもう聞けなくなるのか!(>_<) #築地市場駅 #大江戸線 #佃權 #空耳

■わざわざ佃權の味を楽しみに来る人も多かった!

練りもの6種類入りの「築地みやげ」はお土産にもぴったり!

各種メディアでも触れられています。

「来年の夏もやっぱりこの佃權の夏おでんをせっせと買いに行ってると思いますよ」

わざわざ買いにいってるんですね~

■佃權だけじゃなかった。老舗や名店の閉店。

357年続いた京都の老舗和菓子店も最近閉店しました。

同じ築地では老舗中華料理店『福新楼』も60年の幕を閉じています。

残念です。

357年間続いた京都の桂飴本家「養老亭」。その閉店の際にはちょっとした話題になりました。

357年続いた店も閉まる時代なのか…。

明治36(1903)年創業の内神田の蕎麦屋「満留賀」は2016年6月24日、突然その暖簾を下ろした。理由はなんと「蕎麦アレルギー」

100年以上の歴史も、アレルギーには勝てませんでした。

■増える老舗や名店の閉店。原因はやはり後継者不足が主だった。

バトンを渡す人がいないのが主な理由なようです。

老舗の名門企業でも、後継者に恵まれずに衰退することも多いのが現状のようです。

1 2