1. まとめトップ

ほんとに大丈夫?…実写映画化の「聖闘士星矢」に期待と不安の声

車田正美による人気漫画「聖闘士星矢」がハリウッドで実写映画化されることが明らかになった。期待と不安の声がでています。

更新日: 2017年05月20日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 3437 view
お気に入り追加

○「聖闘士星矢」がハリウッドで実写映画化

車田正美による人気漫画「聖闘士星矢」がハリウッドで実写映画化されることが明らかになった。

車田正美原作の日本の漫画『聖闘士星矢』の英語実写映画が制作されるという。

製作総指揮は東映アニメーション会長の森下孝三氏や車田氏らが務めるという。

○世界中で大ヒットしたベストセラーコミック

「聖闘士星矢」は、週刊少年ジャンプ(集英社)で1985~1990年に連載されたベストセラーコミック。

女神アテナに仕える聖闘士(セイント)と呼ばれる戦士たちが、星座の名を冠したよろい「聖衣」(クロス)を身にまとい、世界の命運をかけた戦いに挑む姿を描く。

“聖闘士(セイント)”と呼ばれる戦士たちが、“聖衣(クロス)”と呼ばれる防具を身にまとい、女神アテナを守るため戦うファンタジーバトル漫画。

○日本のみならず世界中で人気を誇っている

アニメ版は、これまで250話以上のTVシリーズと6本の劇場版が製作され、世界80以上の国と地域で放送および上映。その総売上は11億ドルを超えている。

1985年から90年まで「週刊少年ジャンプ」で連載され、1986年にはテレビアニメ化。

テレビ、劇場アニメ化もされ、日本のみならず世界中で人気を誇っている。

○東映アニメーションと香港の会社が共同製作

東映アニメーションと香港の A Really Good Film Company(ARGF)が共同製作する。

東映アニメーションと、映画「続・深夜食堂」など東映関連作品の中国配給を手がけるA Really Good Film Company Limited(以下、ARGF)が開発・共同製作を担当。

プロデューサーには東映アニメーションの池澤良幸氏、製作総指揮には同社会長の森下孝三氏らの名が確認できます。

○制作者のコメントは…

森下氏は、「『聖闘士星矢』は長きに渡って世界中のファンから愛され続けてきたアニメーション作品だ」

「今回ARGFとタッグを組み、この作品を世界中の観客に提供できることにとても興奮している。これをきっかけに、当社の他作品もあとを続けるよう期待している」と明かしている。

車田の「この30年『聖闘士星矢』を支え続けてくれた熱心なファンと新しい世代のファンのために」というコメントも伝えられている。

○このニュースはネットでも話題になっています

聖闘士星矢がハリウッドで実写化なんだな。 どんなものが出来上がるんだろか?

聖闘士星矢ハリウッドはまあいいんですけどきっと外国だから青銅組だよなあと思っています

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。