1. まとめトップ

体臭、便、尿などから発生する数千種類の生体ガスのうち、最も多いのが1000種類以上ある呼気(吐く息)だ。病気で異常化した細胞は特定の生体ガスを発生し、血液を通して肺から排出されるので、呼気に含まれる生体ガスを検知すれば、血液検査よりも負担が少なく、簡単・安全に診断できるため、病気の早期発見・治療につながる。

 嗅診すると、どんな病気が分かるのだろう?

 たとえば、甘酸っぱい果実臭(ケトン臭)なら糖尿病、ネズミ臭やかびた魚臭なら肝臓病、卵の腐敗臭なら胃腸病、アンモニア臭なら腎臓病・肝性脳症・感染症、古いビール臭なら痛風、化学調味料臭や硫黄臭ならがん、腐敗臭なら蓄膿症・歯周病などという具合だ。

【「がん発見」ほぼ100%】探知犬の実力に迫る yuru2club.com/wp/?p=14603 今や日本人の二人に一人が発症すると言われる「がん」。 一方で、早期発見の大切さが強調されています。... fb.me/VWfwnZWx

1





daiba49さん

政敵の悪口ばかりの政治家、広告主や権力批判出来ない新聞テレビは信じません。フィルターの無い・・ウィキリークのようなナマの情報でなければね!
私?知性も野生も感性もない軽い変態ですが!?何か?

このまとめに参加する