1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

これはひどい!ホラー映画でひどい目にあったイケメン俳優たち

【ネタバレあり】ヒドい!痛い!怖い!いつもはかっこいいあのイケメンが大変なことになる映画4選。

更新日: 2017年05月21日

97 お気に入り 101212 view
お気に入り追加

1.クリス・ヘムスワース

「マイティ・ソー」や「アベンジャーズ」でのソー役が有名なクリス・ヘムスワース。鍛えられた体と端整な顔立ちがスクリーンに映えるイケメン俳優。

そんな筋骨逞しい彼がヒドい殺され方をしたのが、ホラーコメディ「キャビン」。

テレビシリーズ『LOST』や『クローバーフィールド/HAKAISHA』のドリュー・ゴダード監督・脚本、『アベンジャーズ』のジョス・ウィードン脚本・製作により、2012年に製作されたホラー映画。過去のありとあらゆるモンスターホラー映画にオマージュを捧げた斬新なストーリーは、世界中のホラー映画マニアの絶賛を呼んだ。

山奥の小屋でモンスターと遭遇。イケイケなビッチは真っ先に殺される。みんな一緒に行動すればいいのに、なぜか単独行動を始める。
ホラー映画を観ていると、そういう「あるある展開」っていっぱいありますよね。

映画『キャビン』(原題:THE CABIN IN THE WOODS)は、そういう「あるある」をふんだんに盛り込んだ、ホラーファンのためのような作品でした。

クリスが演じたのはアメフト部のイケメン・カート(左)。

グループのリーダー格でもあり、ゾンビが現れた後もタフに勇敢に戦うナイスガイですが…。

▼その死は突然に…

外部に助けを求めるため、カートは勇敢に深い谷を飛び越えようと試みます。
かっこいいセリフと共に幸運のキスも決めてもらっていざ出発。しかし、見えない壁に衝突し谷底に落ちてしまいます。

▼突然の退場に観客は唖然

@Otojya バイクで崖を越えてみせるぜ!からの見えない壁に激突はさすがに唖然としましたww

@Otojya あれはホラーではなくコメディですね笑 ソーはバイクであっさり居なくなるし、半魚人はもはやネタ

兄であるクリス・ヘムズワースは、映画『キャビン』の中でバイクにで崖を飛び越え助けを呼びに行くという(マイティ)ソーにも負けず劣らずのアクションを見せるが、何故か見えない壁(バリア)にぶつかるという理不尽な死に方している。因みに『キャビン』かなり面白いのでオススメ >RT

以前もツイートしましたが,頭の弱いあんちゃんがバイクで谷をターボブーストしようとするも見えない場違いハイテクエネルギー壁に激突して散華するこの #キャビン のワンシーンは何度見てもグッときます. pic.twitter.com/wSeKuT0ot5

2.ジャレッド・パダレッキ

イケメン兄弟がアメリカ各地を巡って悪霊・化け物・悪魔といった人ならざるものを退治していく海外ドラマ「スーパーナチュラル」。同ドラマでイケメン兄弟の弟役を演じたジャレッド・パダレッキも、ホラー映画で大変な目にあいました。

2005年に公開されたホラー映画「蝋人形の館」。ジャレッドの他にエリシャ・カスバート、チャド・マイケル・マーレイ、パリス・ヒルトンらが参加しています。

大学フットボールの試合観戦のため、田舎町のスタジアムへ向かう6人の男女。試合場に向かう途中、キャンプを張って一日泊まることにします。

すると、風が吹き、どこからとも無く異臭が辺りを包みます。そして、不気味なトラックが一台森から姿を現します。そして、主人公達は一夜を明かしますが、朝起きると車の部品が無くなっていて移動することが出来ません。車の部品を探すためにある村に辿り着きます。しかし、そこでは逃げ場のない恐怖が降り掛かるのです。

ジャレッドが演じたのは、主人公カーリーの恋人ウェイド(右)。

スーパーナチュラルではイケメンですが、この時はフツメンポジションでした。そんな普通の大学生が、とっても痛い目に…。

▼見ていられない!痛すぎる最期

車の部品を失い、近くの街・アンブローズに立ち寄ったウェイドとカーリー。
そこでポーという男と出会い、その男の自宅でトイレを借りることに…。ここで運悪くポーの秘密を見つけてしまったウェイドは、捉えられて生きたまま蝋人形にされてしまう。

▼怖すぎ!…でも観客は意外と楽しんでいます

蝋人形の館また観てる。ボーがウェイドに「鍵が開いてればどこにでも入るんだな」って嫌味言うとこ好きwwwww

1 2 3





whatshappenittさん

世界の出来事まとめや育児関連まとめなど