1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

10兆円ファンド設立を発表…ソフトバンクがやっぱり凄い

ソフトバンクグループは、およそ10兆円規模の投資ファンドを設立したと発表した。

更新日: 2017年05月29日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
40 お気に入り 149195 view
お気に入り追加

○ソフトバンク、10兆円ファンド設立

ソフトバンクグループは、およそ10兆円規模の投資ファンドを設立したと発表した。

ソフトバンクグループは20日、先端技術を持つ世界のIT関連企業に投資する投資ファンドの設立を発表した。

5年間で930億ドル(約10兆3千億円)の出資を取りつけており、年内に1千億ドル(約11兆1千億円)で運用を始める。

○最先端技術への投資額で世界最大となる可能性

10兆円規模のファンドで、ソフトバンクグループが、サウジアラビアやアラブ首長国連邦の政府系ファンド、アメリカのアップルなどと共同出資して設立したもの。

成長が期待される人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)など最先端技術への投資額で世界最大となる可能性がある。

○総額は、およそ10兆4000億円

拠点は英国に置く。ソフトバンクGは今後、1億ドル(約111億円)超の投資は同ファンドを通じて行う。

ファンドの総額は、930億ドル(およそ10兆4000億円)に上るということです。

○アップルなど世界中の企業が出資

ソフトバンクGは昨年10月、10兆円ファンドの設立について、サウジの政府系ファンドと覚書を交わした。

アメリカのアップルと半導体メーカーのクアルコム、それに台湾のホンハイ精密工業も子会社のシャープとともに参加します。

覚書では、サウジ側が450億ドル(約5兆円)出資する計画になっていたが、ソフトバンクGは実際の出資額を公表していない。

○孫正義社長のコメントは…

ソフトバンクの孫正義社長は、発表分の中で「テクノロジーは人類が直面する大きな課題とリスクの解決策をもたらしてくれる可能性を秘めている」などと指摘。

その上で、「情報革命の次の段階の基盤となり得るプラットホームを実現する事業を立ち上げ、または成長する手助けができると信じている」と述べた。

「テクノロジーは今日、人類が直面する大きな課題とリスクに解決策をもたらすもので、そのためには長期的な視点で運用される資金と支援が不可欠だ」とコメントしています。

○このニュースはネットでも話題になっています

10兆円のファンドか。孫さんって24時間でどうやって仕事してるんだろう

日本サード は 10兆円ファンド・ネタ リリースで 事実売り?

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。