1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

なぜ…またドルトムントが”解体寸前”の状態になっていた

香川選手の動向も気になりますね…

更新日: 2017年05月21日

manuronaldさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
16 お気に入り 81251 view
お気に入り追加

■ドイツ・ブンデスリーガの今季リーグ戦全日程が終了

4月29日に行われた第31節で、5年連続27回目の優勝を達成していたバイエルン・ミュンヘンはフライブルクに快勝。

一方、16位ヴォルフスブルクの入れ替え戦出場、17位インゴルシュタット、18位ダルムシュタットの降格が決定した。

■香川の所属するドルトムントは3位フィニッシュ

3位までに与えられる、来季の欧州CLの本戦1次リーグから参戦する権利を死守した。

ドルトムント、香川のスーパーアシスト、オーバメヤンのスーパーゴールを含む4得点でリーグ戦最終節を逆転勝ち!これで来季のCLの出場権も獲得!#香川 #オーバメヤン #ロイス #CL出場 pic.twitter.com/CV5xAUt4sC

ドルトムントも3位でCL決めたし、ハンブルガーも残留出来たのはよかった!

あ〜、今期のブンデスも終わりかぁ(。´Д⊂) 後はドルトムントがポカール取って終わりだな

5月27日、DFBポカール決勝でフランクフルトと対戦する

■しかし、明るい話題の一方で暗い話題も多い

■複数のビッグクラブが獲得を狙う

31得点はここ数シーズンでは最も多く、ドルトムントの選手が得点王を獲得するのは史上4人目となった。

本人もビッグクラブへの移籍を希望

中国スーパーリーグの天津権健がオーバメヤンに対し、年俸5000万ユーロ(約62億円)にも上る破格オファーを提示。

他にも、PSG、マンチェスター・Uら複数クラブが獲得に乗り出しており、ヴァツケCEOも話し合いに応じる姿勢を見せている。

ドルトムントとの契約は2020年夏までだが、これらのクラブは約90億円以上とされる移籍金も、支払う用意ができているという

■チームの大黒柱にプレミア勢が興味

移籍1年目からリーグ戦32試合出場14ゴールを挙げるなど、チームに欠かせない選手の1人。

今季プレミア王者が獲得を狙う

アーセナルやリバプールら、プレミア勢から一段と熱い視線を送られており、チェルシーは移籍金7000万ポンド(約98億円)を用意。

ロイスはドルトムントとの契約を2019年夏まで残しているものの、100億円近い金額を提示されれば応じる可能性があるという。

■チームの若きスターにバルセロナが熱視線

1 2





manuronaldさん

自分が気になったことをまとめていきます。