1. まとめトップ

お金が貯まる人はやっていた!お財布に関する6つの習慣!

お金とお財布のいい習慣はこれ

更新日: 2017年08月13日

22 お気に入り 25898 view
お気に入り追加

風水的にも財布はお金にとっていい環境に!

風水では、財布をお金の「家」または「玄関」ととらえます。
快適な毎日が過ごせるよう、家や玄関をきれいにするように、お金の「家」も心地いい環境に整えようというものです。

1.お札の向きは整える

お金を貯めるのが上手な人は、お金の向きを揃えて仕舞うとともに、端が折れたまま仕舞うことはないといいます。

「1000円札と5000円札、1万円札の高額紙幣をきちんと分けて、同じ向きにお札を入れている人はお金を大事にできる人で、貯まりやすいタイプといえます。

2.カードは必要最低限を

全部持ち歩かないと不安という人は、財布とは別にカードケースを携帯して、財布のゴチャつきを防止。財布がゴチャついていると、手持ちの金額が把握しにくくなります。

3.レシートはお札と一緒にしない

お札のおつりと一緒にレシートを受け取り、そのままお札の仕切りに入れるのはNG。手持ちの金額が把握しやすいように、お札とレシートは別々に。

4. 小銭を入れすぎない

お札と小銭は分けて別々に持つようにしましょう。財布にゆとりを取る、清潔に保つという2つの意味があるそうです。

パンパンに張っているお財布は見た目にも不格好な上に、取り出すときに小銭を落とすことも多くなりがち。お金はスッキリとしたお財布でスマートに持ち歩きましょう。

5.中身の指定席を決める

財布にはポケットや仕切りがたくさんあります。どこに何を入れるかを決めましょう。お金のほかに財布に入れてOKな物は、銀行のキャッシュカード、クレジットカード、ショップカード、運転免許証、保険証、クーポン券など。それぞれに指定の仕切りやポケットを決めます。

中には絆創膏や薬などを財布に入れている人もいますが、基本的には財布はお金を入れるものなので関係のないものは入れないようにしましょう。

6.清潔感がありキレイなお財布を使う

お金は大切なものという意識を持ち、その“入れ物”はどういったものが相応しいのかを考えることで、お金をより大切にする認識が芽生えるのかもしれませんね。

お金が貯まりやすい人の財布は余計なものがほとんど入っていなくて、スッキリしているという共通点があります。

1





よっささんさん

体にいいもの 役立つこと紹介していきます。