1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

スマホで淹れる!?きっと欲しくなる便利な「コーヒーガジェット」5選

スマホを使って素人でも簡単に美味しいコーヒーが淹れられる「コーヒーガジェット」が今すごい!

更新日: 2017年05月22日

LuvShmmyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
54 お気に入り 28472 view
お気に入り追加

▼コーヒーを淹れるのにスマホが欠かせなくなりそう!

近年、様々な家電がスマホと連携できるようになってきましたが、なんとコーヒーメーカーまでIoT化が進んでいます。

コーヒー好きには必須のアイテム、コーヒーメーカもスマート家電の一つとして様々なメーカーから販売されています。

テクノロジーベンチャーが「コーヒーのある生活」をより良くしようと、サービスやプロダクトを提供するようになってきました。

知識がなくても本格的なコーヒーを手軽にいれられるものから普段のコーヒーライフを楽しくするものまで色々。

従来では考えられなかったような機能を備えたガジェットが登場してきています。

▼生豆を焙煎できるガジェット「IKAWA」

ボタンに触れるだけで、自宅で手軽にコーヒーを焙煎出来る、画期的なコーヒーロースター、IKAWA(イカワ)

出典isuta.jp

日本ではIKAWAとパナソニックが共同で開発を行い「The Roast」の名前でサービス開始されています。

スマホを使って専用アプリと同期し、焙煎度合いを設定。あとは専用器に生豆を入れ、スイッチを押すだけだ。

特別な焙煎技術や知識がなくても、自宅で手軽に焙煎したてのコーヒーの味と香りを楽しめる

スマートコーヒー焙煎機を使ってみて、本格的に使えるものが出てきたと実感した

▼スマホケースからコーヒーを淹れる「mokase」

「Mokase」は、世界初の「エスプレッソを淹れることが出来るスマホケース」なんですよ。

スマホからとくとくと注がれる、熱いコーヒー。CGでも何でもなく、現実の光景だ。

カートリッジ内には、真空化されたコーヒーが入っており、挿入の衝撃とともに膜を破壊し、液体がケース内へ解放される仕組みだ。

ケースは完全防水性で、内部は液体を適温に保つ機構。コーヒーを作る際は、側面のスリットに独自開発のカートリッジを挿入する。

コーヒーの加熱も、ケースの中で行われる。加熱時間は、約5~8秒。温度は、アプリで手軽に調整可能だ。

▼アプリ連動型コーヒースケール「acaia pearl」

コーヒー好きならきっと欲しくなる、スマホアプリと連動できるコーヒー用デジタルスケールのアカイアパールって知っていますか。

コーヒーを淹れるための専用はかりとして作られ、Bluetoothでスマホアプリと繋がってコーヒーを淹れるレシピを共有、記録できる高性能なデジタルスケール。

アプリを見ていれば、抽出する湯量が一定かどうかまで伝えてくれるのです。もうこれで不安定なドリップにはなりません。

オシャレでスタイリッシュな見た目はあなたのドリップをより格好良く見せてくれます。

▼スマートなコーヒーメーカー「GINA」

、"パーフェクト"なコーヒーに導いてくれるスマートコーヒーデバイス GINA です。

コーヒーと水の分量や浸出時間の完璧な比率を、簡単に見つけられるスマート・コーヒーメーカーです。

専用アプリはコーヒー愛好家のコミュニティとも連携していて、独自のブレンド法を共有したり、さらに上質なコーヒーを楽しむ道しるべにもなります。

内蔵のBluetoothと連動した計りで成分を計量し、最適なタイミングを教えてくれます。豆の品質や種類から、最高の味を追求してくれるんです。

1 2





LuvShmmyさん

「衣・食・住」に関する事を中心にまとめます。日々のライフスタイルが少しでも楽しくなってもらえたらと思ってます。。。

このまとめに参加する