1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Cocochanさん

5月15日の自民党厚生労働部会で野次

受動喫煙の防止策を非公開で議論した
十五日の自民党厚生労働部会で、
たばこの煙に苦しむがん患者の立場を訴える議員の発言に
「(がん患者は)働かなくていい」という趣旨の
やじがあったとして、患者団体が反発している。

政府は、働き方改革で病気の治療と仕事を
両立できる環境の実現を目指す。
昨年成立した改正がん対策基本法も、
患者が仕事を続けられるよう企業に配慮を求めており、
この流れに逆行した発言と受け止められている。

出席者によると、三原氏は部会で、
がん患者の就労支援の重要性や、
がん患者が望まない受動喫煙への配慮を訴えた。
男性議員のやじが飛んだのは、この直後だったという。

やじを受けた三原じゅん子参院議員は取材に対し、
部会が非公開だったことを理由に詳細は明かさなかったが
「本当に残念。がん患者の働く場を
奪うようなことを言ってはいけない」と述べた。
自身のブログに「心底怒りで震えた」と心情をつづった。

発言したとされる男性議員は
「この場で議論することではないと言ったかもしれないが、
そんな差別的なことは言ってない」と否定している。

一連の流れを受けて、全国がん患者団体連合会も
18日付で、「がん患者の尊厳を否定しかねない」
とする抗議文を発表した。

他のニュースでは大西英男議員か?との報道があった

大西 英男(1946年8月28日 - )は、
自由民主党所属の衆議院議員(2期)
元東京都議会議員(4期)
元江戸川区議会議員(4期)

公表されていなかった男性議員、フジテレビのMr.サンデーで判明

▼大西英男議員とフジテレビのファックスのやりとり

金曜日のファックス「ご指摘のような発言をしたことは絶対にありません」

土曜日のファックス「発言をしたことは絶対にありません」

日曜日のファックス「そういう趣旨で行った発言ではない」と認めている

(音声データが残っていた為、発言を変更した模様)

発言をしたけど(がん患者)とは言っていない、誤解とのこと

#Mr.サンデー 「がん患者は、働かなければいいんだよ」と大西英男衆院議員が発言する。好き好んでがんになりたい人は、いないんじゃない。 pic.twitter.com/rXxkKcOf3e

がん患者は働かなくていい・・・そう失言したのは過去にも失言の数々を繰り返していた東京都第16区、当選回数2回、自民党衆議院議員の大西 英男でした。 これで失言前科4犯。 pic.twitter.com/nolvdI4OCo

1 2