1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

5月なのに「猛暑日」記録…各地の厳しい暑さにみんなウンザリしている

群馬県・館林では今年初めて最高気温が35度を超える「猛暑日」となるなど、各地で厳しい暑さとなりました。

更新日: 2017年05月22日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
14 お気に入り 76025 view
お気に入り追加

○高気圧に覆われて全国的に気温が上昇

日本列島は21日、高気圧に覆われて全国的に気温が上昇し、7~8月並みの暑さとなった。

21日は西日本から東日本の広い範囲で高気圧に覆われ、全国的に晴れとなり、午前中から東日本を中心に気温が上がっています。

○今年に入って全国初となる猛暑日を記録

群馬県・館林では今年初めて最高気温が35度を超える「猛暑日」となるなど、各地で厳しい暑さとなりました。

気象庁によると、群馬県館林市で最高気温が35・3度に達し、今年に入って全国初となる猛暑日を記録。

福島市で34・2度となるなど、187地点で30度以上の「真夏日」となり、各地で熱中症とみられる搬送が相次いだ。

○岐阜県高山市では108年ぶりの記録更新

岐阜県高山市では、21日午後2時すぎに気温が33度1分まで上がり、5月としては観測史上最も高くなりました。

特に岐阜県では多くのところで30度以上の真夏日になり、高山市では5月としては観測史上最も高い33.1度を記録しました。

気象台によりますと、明治42年の5月末に32度1分を観測して以来、108年ぶりの記録更新だということです。

○熱中症対策が必須

週明け22日(月)も晴れて気温が高くなります。引き続き熱中症対策が必須です。

気象庁は高温注意情報を出してこまめに水分や休憩を取るなど熱中症に十分注意するよう呼びかけています。

高齢者、乳幼児、体調のすぐれない人のいる家庭では、水分をこまめに補給し、多量に汗をかいた場合は塩分も補給するなどの熱中症対策をとるように呼びかけている。

○全国各地で熱中症で搬送も

週末は広く晴れて、群馬県館林市で猛暑日を観測するなど、各地で暑いお休みになりました。

埼玉県越谷市の大袋小学校では運動会中の4~6年の男女5人が「気分が悪い」と訴え、病院に搬送された。

長野県内の2カ所のマラソン大会で計8人、岩手県奥州市のマラソン大会では16人がいずれも搬送された。

○このニュースはネットでも話題になっています

ほんと最近はこれだよな……なんでまだ5月なのに30度越えるのよ最高気温

最高気温が何度以上だと スーツじゃなくていいみたいな ルールつくろうよ 暑い中スーツで出なきゃなんて バカバカしくない? そりゃ朝から憂鬱だわ(*´・ω・`)=3

駅まで歩いただけで汗がやばい ていうか5月なのになんで最高気温30度越えなの

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。