1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

充実しまくり…かつて紅白に出場した歌姫たちは現在も輝いてた

BONNIE PINKさんは44歳で待望の第1子を出産!

更新日: 2017年05月22日

ピュンマさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
18 お気に入り 310957 view
お気に入り追加

▼BONNIE PINKは、44歳で待望の第1子を出産!

一昨年4月に一般男性と結婚したシンガー・ソングライター、BONNIE PINK(44)

大学在学中に音楽事務所に歌声を見初められ、本格的な音楽活動もないまま、1995年に自身の作詞・作曲によるアルバム『Blue Jam』でデビュー

2006年にはモデル、蛯原友里(35)が出演する資生堂「ANESSA」のCMソング「A Perfect Sky」がヒットし、年末にNHK紅白歌合戦に初出場した。

BONNIE PINKが4月に第1子となる女児を出産したことを自身のオフィシャルサイトで発表した。

「ファンのみんなにご報告があります。先の4月、私の人生において大きな出来事が2つありました」と切り出し、3年におよぶがん闘病の末、4月初めに最愛の父が他界したことを報告。

そして「父からバトンを受け取ったかのように、新しい命、わが第1子が、父が旅立ったおよそ半月後にこの世に誕生いたしました。とても元気な女の子です!」と第1子誕生を報告した。

BONNIE PINK、44歳の初産 人様のことながらとても嬉しい。おめでとう。

▼アンジェラ・アキは、自身初のサウンドプロデュースに挑戦!

2014年夏から日本での音楽活動を休止し、ロサンゼルスの音楽大学に留学していたシンガー・ソングライターのアンジェラ・アキ

第57回NHK紅白歌合戦にデビュー曲の「HOME」で初出場。

May J.のニューシングル「母と娘の10,000日 ~未来の扉~」が、5月24日にリリースされる。

May J.が自分の母親に対し感謝の気持ちを伝えたいという強い気持ちから、もともと楽曲制作の相談をしていたアンジェラ・アキに楽曲を依頼。

アンジェラは自身初のサウンドプロデュースとなり、作詞、作曲、編曲のすべてを担当する。

▼島谷ひとみは、すっかりカープ女子の代表的存在に?

99年に島田紳助プロデュースの演歌歌手でデビューしたが、翌年にはポップスに転向し、カバー曲の女王に。

『第53回NHK紅白歌合戦』に「亜麻色の髪の乙女」で初出場。以後、2005年の『第56回NHK紅白歌合戦』まで4年連続で出場している。

「スタイリストさんが広島のイベントとなると、全部赤を用意してくれます」とカープ女子であることを笑顔でアピール

島谷ひとみも今や立派な公式カープお姉さんやからね

1 2