1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ついに菅田将暉が“国宝級イケメン”1位!ネットでは様々な意見

映画「帝一の國」が大ヒットし、今後は「銀魂」「あゝ、荒野」「となりの怪物くん」など出演作が次々公開される菅田将暉。そんな菅田が雑誌「ViVi」の企画で“国宝級イケメン”1位を獲得。演技派の超売れっ子ながら、゛イケメン過ぎない”イケメンのポジションにいた菅田だけに、ネットでは祝福と共に異論も。

更新日: 2017年07月22日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
27 お気に入り 160012 view
お気に入り追加

◆『帝一の國』が大ヒット中の菅田将暉

菅田将暉、野村周平、千葉雄大ら旬の若手キャストが揃って出演する『帝一の國』。

『帝一の國』は、2010年から昨年まで連載されていた古屋兎丸原作の漫画で、菅田さんは 、男子校の生徒会長選挙に命をかける主人公、赤場帝一を熱演。

◆若手俳優トップクラスの演技派&“役者バカ”

2009年に『仮面ライダーW』でデビューを果たした菅田。その後、2013年公開映画『共喰い』で日本アカデミー賞新人俳優賞、2014年公開映画『そこのみにて光り輝く』で日本映画批評家大賞助演男優賞を受賞するなど、じわじわと演技力の高さが評価される。

彼の長所はなんといっても圧倒的な演技力です。『海月姫』では女装男子、『ごちそうさん』では丸刈り頭の昭和男子、『そこのみにて光輝く』ではチンピラ風の青年などと、変幻自在にどんな役でもこなしています。

縦横無尽に役柄を演じ分ける力量にも驚くが、菅田の役作りへの“熱の入れよう”“研究熱心さ”は有名。そんな、ある種“役者バカ”の部分を持つ菅田。

◆出演作品も続々公開される超売れっ子

[映画ニュース] 菅田将暉&ヤン・イクチュン「あゝ、荒野」闘志ぶつけ合った撮影を語る eiga.com/l/BPXM8 pic.twitter.com/FzEdQqyQrc

今年は今後、『銀魂』(7月14日公開)で黒髪メガネ男子にふんするほか、『あゝ、荒野』(2017年公開)でボクサー役に挑み、菅田の幅広い演技力に加え目にも楽しいコスプレが期待できそうだ。

俳優の菅田将暉(24)と女優の土屋太鳳(22)が、人気漫画を実写化する映画『となりの怪物くん』(2018年公開)にW主演する。

◆そんな菅田が“国宝級イケメン”1位に

菅田将暉“国宝級イケメン”1位に驚き「実はほぼ演じたことがない(笑)」、NEXTイケメンには成田凌 music-book.jp/video/news/new… #菅田将暉 #成田凌 #ViVi pic.twitter.com/CNXAvFSNWr

雑誌「ViVi」7月号(5月23日発売)では、読者約1.5万人にアンケートを実施し“今一番好きなイケメン”(NOW国宝級)、“次好きになるイケメン”(NEXT国宝級)を決定する人気企画『ViVi国宝級イケメンランキング2017年上半期」を開催。

菅田将暉が「ViVi 7月号」[2017年5月23日(火)発売]にて開催の“ViVi国宝級イケメンランキング2017年上半期”で1位を獲得したことが明らかになった。

菅田さんは「ついに1位! 何事も1位になるってうれしいものです」と喜びつつ、「正直選んでもらえたのは予想外。“イケメン”の役って、実はほぼ演じたことがないんです(笑い)」と率直な思いをコメントしている。

*2年連続1位の山崎賢人は“殿堂入り”

雑誌「ViVi」6月号では、人気企画「国宝級イケメンランキング」を発表。"今好きな男編"の「NOWイケメン」トップには、2015年に続き2年連続で俳優・山崎賢人が選ばれました。

◆なお、「NEXT国宝級編」1位は成田凌

“次好きになるイケメン”を選ぶ「NEXT国宝級編」のアンケートも行われ、1位に前回の同ランキングで10位だった俳優の成田凌さんが選出された。

「ありがとうございます! 役柄でイケメンを演じることもあるので、それが違和感なく受け入れてもらえているんだな、と少し安心しました」

成田凌のコメント

「NOW国宝級編」「NEXT国宝級編」に加えて、「NEXTイケメンSNAP!!」と称して、杉野遥亮、高杉真宙、葉山奨之を撮り下ろし。女子の願望が反映された“妄想ランキング”には、真剣佑が登場。

1 2





記憶の中で生きてゆける