1. まとめトップ

2ちゃんねる管理人ひろゆき氏が巨額の賠償金を払わなくて良い理由とは?

2ちゃんねる管理人のひろゆき氏は、多くの人から被害を訴えられていましたが、既に10年の時効を迎えているようです。

更新日: 2017年05月22日

0 お気に入り 3917 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

国内では正規ルートで給与を貰えない身になっているのが、現在のひろゆき氏だ。まさに「裏街道を生きることに決めた男」。スーパーアウトローだ。

◆数十億円になるひろゆき氏の賠償金

2007年3月時点で少なくとも43件で敗訴が確定し、賠償額は計約4億3400万円。さらに1日88万円ずつ「制裁金」が増えているそうだから、2年余り経った現在では、およそ11億円

◆広告収入の申告漏れを指摘される

海外の会社へ譲渡したと公表して以降も、広告収入約3億5000万円を受け取り、うち約1億円について東京国税局から申告漏れを指摘された

ひろゆき氏の海外資産ですが、今までの収入から計算すると、20億円ほどに上回るのではと考えるのが普通です。シンガポールに子会社を作っているので、香港などを経由して、シンガポールにお金を横流ししている

◆辞めていなかった2ちゃんねる管理人

西村氏は09年、2ちゃんねるを譲渡し、管理人を辞めたとブログで公表。譲渡先はシンガポールの会社「パケット・モンスター社」だった。

西村ひろゆきさんは、2ちゃんねるの管理人引退を発表していますが、パケット・モンスターから多額の報酬を受け取っており、実態はあまり変わっていない可能性が高そう

◆税金を逃れる為にフランスに移住

ラトビアの投資ビザで、市民権を得て、欧州に在住しています。

2ch.netのサーバーを運営するN.T.Technology(代表:ジム・ワトキンス)によって2ch.netの運営より解任された

◆ひろゆき氏が賠償金を払わんでいい本当の理由

インターネットを通じた公開討論などでもパネリストや司会も務めている。政財界では河野太郎や麻生巌などが西村と対談

1