1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

”背番号10”を背負って3年半…本田がミラン退団を発表!

ついにこの時が…本田選手、夢をありがとう!

更新日: 2017年05月22日

manuronaldさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
9 お気に入り 41150 view
お気に入り追加

■21日、日本代表・本田圭佑選手が公式ツイッターを開設

Cari Milanisti, grazie. Grazie perché questi 3 anni e mezzo sono stati una sfida continua ma mi hanno permesso di migliorare come uomo.

「親愛なるミラニスタ(ミランのサポーター)のみなさん、ありがとう。この3年半は常に挑戦が続いたが、おかげで人間として成長させてもらうことができました」

Lascerò' il Milan termine di questa stagione ma spero di rivedervi presto, magari in in veste diverse da quelle di calciatore.#weareacmilan

「今季でミランを離れますが、近いうちにまたお目にかかれるのを楽しみにしています。その時は選手としてではなく、また違った形になるのかもしれません」

Nel frattempo continuerò' a impegnarmi giorno dopo giorno per raggiungere i miei obbiettivi. #ForzaMilan , sempre! Con affetto, Keisuke

「これからも自分の目標にたどり着くため、日々努力を続けていきます。ずっとフォルツァ ミラン!(頑張れ、ミラン!)。愛情とともに。圭佑」

■喜びや苦しみ…様々な経験をしたミランでの3年半

「セリエAでレギュラーになって、10番で活躍する」という、小学6年生の時に書いた卒業作文の”夢”を叶える形となった。

その後、何度も監督が代わる異例の状況も、日々の努力とあきらめない精神でなんとか乗り越えた

ミランでは、本来のトップ下ではない右WGのレギュラーを獲得。

2014-15シーズンは開幕戦でゴールを挙げるなど、近年低迷するミランを牽引する活躍を見せた。

しかし、今季開幕前にモンテッラ監督が就任すると、事態は大きく変わった

監督は、若くてスピードがあり、突破力やチャンス創出能力に長けるスソを、右ウイングとして好んで起用。

本田は完全に構想外となり、今季のリーグ戦出場時間は、控えGKや若手選手を除くとチーム最低。

冬の移籍市場ではプレミアリーグなどの複数クラブから獲得オファーが届いていたが、移籍は実現せず、ベンチ生活が続いていた。

出場機会が与えられても、試合終了間際といった状況

■それでも、本田選手は最後まで”魅せる男”だった

21日に行われたボローニャ戦に後半13分から途中出場すると、ミランの1点リードで迎えた後半28分にFKで今季初ゴール。

16年2月14日のジェノア戦以来、約1年3カ月ぶりとなる得点で、ミランのEL出場権獲得に貢献した。

ミランが欧州の舞台に戻るのは、13-14シーズンのCL以来

ピッチには本田を祝福するチームメイトの姿があった

ピッチにいた全選手は輪を作り、本田がベンチへ向かうと、ベンチ入りメンバーやスタッフも飛び出してゴールを祝福。

出場機会には恵まれないながらも、日々の練習でチームを盛り立ててきた本田の活躍に、ミランが1つとなった瞬間だった。

Complimenti a tutti e un applauso speciale a Keisuke...esempio raro di professionalità e serietà @acmilantwitter.com/i/web/status/8…

目の負傷で離脱中のアバーテも「皆、おめでとう。特に、ケイスケには拍手を送りたい。彼のようにプロフェッショナルであり、真摯な模範となる選手は稀だ」と投稿している

■皆さんの反応

本田直接フリーキックからのスタジアムの本田コールまじ泣いた

今まであんなボロクソ言われて干され続けたのに最後の試合でFK決めちゃう本田さんマジで持ってるわ

昨日そういえば、本田のゴール撮れてた!! もっと長く動画回しといたらよかったなぁ、、、 最後に大きな仕事ありがとう。 本田圭佑!! pic.twitter.com/8ComyGR9EB

EL出場圏を置き土産にミランを去る本田さんカッコいい。 本田さんカッケー!本田△

1 2





manuronaldさん

自分が気になったことをまとめていきます。