1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

スパイ容疑で中国当局が日本人を拘束…日本人6人に心配の声が広がっている

中国で今年3月末、地質調査の技術指導に派遣された日本人6人が中国当局に拘束されていたことがわかった。

更新日: 2017年05月23日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
8 お気に入り 47925 view
お気に入り追加

○日本人6人が中国当局に拘束

中国で今年3月末、地質調査の技術指導に派遣された日本人6人が中国当局に拘束されていたことがわかった。

中国企業の依頼を受けて現地を温泉探査の仕事で訪れた日本人合わせて6人が中国当局に拘束されていることがわかりました。

「国家の安全に危害を与えた疑い」が持たれているということで、現地の日本大使館や総領事館が対応しています。

○日本企業3社の男性従業員が拘束

日本政府などによると、6人は地質調査などに関わる日本企業3社の男性従業員

このうち四人は二十~七十代で、千葉県船橋市にある地質調査会社「日本地下探査」の社員であることが分かった。

三月後半から温泉探査など地質調査のために訪中しており、調査活動がスパイ行為とみなされた可能性がある。

○「日本地下探査」の社長が解放を訴える

地質調査会社「日本地下探査」の佐々木吾郎社長(52)が22日、同社で記者会見し、「疑われるようなことはない。4人には一日も早く元気な姿を見せてほしい」と苦悩の表情で語った。

今年3月末に山東省で3人、海南省でも3人が拘束されたという。

東部の山東省煙台で3月26日に地下探査社の社員3人が、28日には南部の海南省三亜で他の3人が、それぞれ拘束された。

○中国外務省は「日本人6人を捜査している」と発表

中国外務省は22日、「違法容疑がある日本人6人を捜査している」と述べた。

国外からの情報収集を特に警戒し、これまでに米国など外国の民間人もスパイ容疑で逮捕している。

○メールも電話も通じなくなり、拘束が判明

中国企業の依頼で温泉の資源調査のノウハウを指導していたが、3月27日からメールも電話も通じなくなり、拘束が判明したという。

4月中旬には日本領事館の担当者が面会し、その際、従業員らは、「食事や睡眠は取れていて、非人道的な扱いは受けていない」などと話していたという。

○このニュースはネットでも話題になっています

中国ってホント意味分かんない 許可取って調査してるのにスパイ容疑で拘束するなら呼ぶなし

中国で日本人6人拘束されてるらしい、理由をハッキリさせないで長期間拘束と朝のニュースでやってるが、日本も同じようなことする道へ進んでるやん

中国でスパイ容疑で拘束されたら、簡単には解放されない。中国が一党独裁国家、旧ソ連と同じ原理原則の国だということを忘れてませんか?中国企業の要請で現地調査に入ったとしても、信用したら危険なんですよ。#日本人拘束

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。