1. まとめトップ

A3!夏組ストーリーネタバレ★第2幕『克服のSummer!』

A3!の夏組メインストーリー 克服のSummer!の簡単なまとめ、ネタバレです。登場キャラクター:皇天馬、瑠璃川幸、向坂椋、斑鳩三角、三好一成、古市左京、伏見臣、

更新日: 2017年05月23日

1 お気に入り 20690 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

minami3939さん

※ネタバレ注意

▼第1話 春の次は

公演の打ち上げをする春組。
座長、春組のリーダーの咲也が乾杯を行う。劇場に設置したアンケートには、
10枚分もびっしりと書いてきた匿名の人がいた。
一体誰なのか不思議に思ういづみ。

▼第2話 夏組オーディション

夏組オーディションへいづみがスカウトした一成と幸がやって来た。
幸は衣装係兼役者として入団することに。
そこへ気弱そうな中学生・向坂椋がやって来る。
幸の同級生だ。
さらに偉そうな少年がオーディション会場へ入ってくる。

▼第3話 嵐を呼ぶ天才役者

皇天馬は両親も映画スターで、子役上がりの実力派俳優の高校生。
映画メインのため演劇経験ないとのこと。
4人に課題を与えるが天馬はやはり演技はプロ級。

▼第4話 ポンコツ役者

人手不足のため夏組オーディションは全員合格となった。
演技の幅を広げるために演劇に興味を持ったという天馬。
偉そう態度をとってしまうため、幸と言い合いになってしまう。

▼第5話 入寮騒動

4人は皆そろって寮入ることに。
天馬の両親は海外を飛び回っており、繋がらないため留守電のメッセージを入れる。
椋と幸も無事に両親から許可をもらえる。

▼第6話 劇団七不思議

寮に入るなり早速写真を撮りインステにあげる一成。
部屋割りは202号室が一成と椋、203号室が天馬、201号室は幸に決まった。
しかし誰もいないはずの203号室から声が聞こえるという七不思議を教える支配人。
実際に見にいくと確かに「かーく」と声が聞こえてくる。
支配人に連れて来られた真澄がドアを開けることに…

▼第7話 縦横無尽自由人

203号室には人が住んでいた。名前は斑鳩三角。
ロミジュリ公演前から窓から入って部屋に住んでいたらしい。
不審者として真澄が捕まえようとするも壁を走ったりして逃げられる。
その身体能力の高さに感心したいづみは劇団に誘うことに。三角形好きの三角はおにぎりに釣られて入団。天馬と幸が201号室で暮らすことに。

▼第8話 戸惑いのエチュード

初稽古の日。三角は経験者のようにこなしていた。
リーダー決めを行うがまたも天馬と幸が言い合いになってしまう。
夏組はチームワークからは程遠い様子だ。

▼第9話 全員主役!?

夏組の脚本も綴が執筆することに。
初代夏組と同じくコメディ路線の劇をすることにしたが、夏組は5人とも主役をやりたいと主張する

▼第10話 千夜一夜物語

脚本完成後、いつものように倒れる綴。
夏組の劇は全員主役となれる物語のアラビアンナイトとなった。
主役アリババを天馬、シェヘラザードを幸、アラジンを一成、シンドバッドを椋、ランプの魔人を三角が演じる。

▼第11話 向坂椋の見る夢

椋と夕食の買い出しへと行くいづみ。そこへ運動部の学生が声をかける。
実は、椋は少女漫画のヒーローに憧れて陸上部のエースになったが、
怪我でやめてしまっていたのだ。気まずそうな椋と元チームメート達。
そこでいづみは彼らを舞台に招待することを椋に提案する。

▼第12話 波乱の読み合わせ

稽古で読み合わせを始めたが、椋が台詞でつっかかってしまい、中々進めることが出来ないでいた。レベルが低くてやってられないと怒った天馬は稽古場から出て行ってしまう。夏組はまとまりそうにない。

▼第13話 団結の秘策

リーダーとして夏組をどうまとめればいいのか悩んでいる天馬。
ちょうど春組リーダーの咲也に出会い、春組の時の事を聞き、アドバイスをもらう。
春組は全員一緒に舞台の上で寝たことを聞いた咲也から聞いた天馬はいづみのもとへ行き、「とりあえず全員で一緒に寝る」と言い出す。

▼第14話 はじまりの夏合宿

天馬の発言もあって、夏組は2泊3日の合宿を合宿所で行うことが決定した。
合宿での稽古中、天馬は具体的に芝居の指摘をするようになる。
その様子を見て、夏組は天馬に任せようと決心するいづみ。
1番苦戦していた椋も、役作りと脚本の理解のために、長い原作の本を読んできたと言う。
夏組の雰囲気も良くなりはじめていた。

▼第15話 失言

夜ご飯は皆でカレーを作ることに。そんな中、また幸と天馬がいつものように言い合いになってしまう。上手く止めようとする一成に、天馬は失言をしてしまう。
幸に言い過ぎと怒られた天馬は合宿所から出て行ってしまう。
夏組の課題はまだチームワークのようだ。

▼第16話 リーダーとして

合宿所の外にいる天馬のもとへカレーを持っていくいづみ。天馬はしっかりと夏組のメンバーのことを見ている。だから的確な指摘が出来ているといづみは言う。そして明日はきちんと皆に謝って、稽古では指摘した分、褒めてあげてと告げる。

▼第17話 ぎこちない歩み寄り

翌朝の稽古中、素直に昨日は悪かったと謝る天馬。
そして稽古中は演技を指摘するだけでなく、ここが良かったと褒めるようになっていた。夏組の雰囲気はまた良くなりはじめた。
天馬が変わったことはいづみが何か言ったからだと気付いている幸。幸も天馬の指摘は正しいとはわかっていた。

▼第18話 夏の思い出

合宿の思い出として、支配人が持ってきた花火をする夏組。
ロケット花火を知らない天馬を皆で騙して驚かせるなどして楽しんでいた。修学旅行に参加したことがない天馬と三角にとっても良い思い出となった様子。夏組が打ち解けてきたと実感するいづみ。

▼第19話 恋について・夏

合宿最後の夜、お風呂あがりにいづみにLIMEを送っている様子の一成。他の夏組も一成にすすめられて皆いづみにLIMEを送る。その後真面目にミーティングを行い、寝るかと思いきや、一成が椋に話しかけたことをきっかけに皆で恋話をすることに。彼女がいるかやいづみの話で盛り上がったのか、翌朝は5人ともなんだか寝不足気味…

▼第20話 面白い素材

春組同様に雄三が稽古を見てくれることに。コメディ劇なのに笑えないと致命的な点を指摘されるが、いつもの天馬の言葉で夏組のメンタルは鍛えられているのか、落ち込まず改善しようとする夏組。また、雄三は三角の名字の斑鳩をなぜか知っている様子。

▼第21話 8ミリビデオ

稽古場にまたひっそりとやって来て賑やかな夏組の様子を見ていた左京。いづみに劇場の経営や芝居に関して長々と語るが、いづみは全く聞いていなかった。一成が友達から8ミリビデオ用のデッキを借りてきてくれたので、皆で初代夏組のビデオを見ることに。そこにはいづみの父親も映っており、涙を流すいづみ。そんないづみに三角は三角定規を渡し慰める。

▼第22話 フォトシューティング

幸が作った衣装を着てサイト用に写真を撮ることに。春組の時は支配人が撮っていたが、解像度が低いという一成の指摘から綴の友達で大学の写真部に所属している伏見臣(後の秋組団員)に頼むことに。撮影後、劇場を見学したいという臣。いづみは臣に芝居に興味があるのが聞くが何だか事情がありそうな様子だった。一成がサイトをリニューアルさせるが、サイトには自分の名前と写真を載せないでくれと言う天馬。

▼第23話 強がりと憧れ

チラシ配りに出掛ける椋と幸。その場にはGOT座の丞と晴翔も。ファンサービスをする晴翔に媚を売っていると幸が言ってしまい喧嘩に。そこへGOT座の支配人・神木坂レニが現れ、椋が渡したチラシを破ってしまう。その後もチラシ配りを続ける2人。同級生に見られ、女装を馬鹿にされてしまう幸。しかし幸は堂々と対応をする。そんな幸を椋はかっこいい、憧れているよと言い、耐えていた幸も涙を流す。

▼第24話 一成の意見

友達が多くすでにチケットを沢山さけている一成に対し、1枚もさけていない天馬。稽古中、アクションを入れるか話し合いが始まり、皆が各々の意見を言う中で、なんでもいいと思う、と言う一成。今までも一成は自分の意見を主張しては来なかった。

1 2