1. まとめトップ

【対策】iPhoneがウイルスに感染した場合の一般的な対処方法をまとめて紹介!

あなたのiPhoneがウイルスに感染した経験があるか。感染後、動きが遅い、データ通信使用量の消費が多い、カメラが勝手に起動する、迷惑メールがくると大変困らせる。このページでは、iPhoneがウイルスに感染した場合の一般的な対処方法を詳しく紹介する。

更新日: 2019年11月26日

23 お気に入り 173998 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

doreen1234さん

目次:
1. iPhoneの設定画面で不審な表記がある
2. iPhoneがウイルスに感染したという警告が来た!
3. 本当にウイルスに感染したか、または詐欺かと確認すべき!
4. ウイルス感染じゃなく詐欺広告や警告が出たらどうするか
5. 一方、iPhoneが本当にウイルスに感染する症状
6. iPhoneがウイルスに感染する経路(必ず感染するわけでもないが、可能性が高い)
7. iPhoneがウイルスに感染することを予防するには
8. iPhoneがウイルスに感染した場合の一般的な対処方法

★ iPhoneの設定画面で不審な表記がある★

iPhoneの設定画面にVERSAPROというのがあり、今まで見たことがなかったのでソフトウェアアップデートで新しく追加されたと思ったのですが、もしかしたらウイルスかも知れません。

下の箇所にはiPhoneがライトニングケーブルで接続した際に「信頼した」パソコンの一覧が並んでいます。

以上の場合には、NECノートパソコン 『VersaPro(バーサプロ、ヴァーサプロ』とiPhoneを接続してご質問者様自身が「信頼する」と設定したので表示されています。

なお、iPhoneはマルウェア(ウイルス)には感染しません。

★ iPhoneがウイルスに感染したという警告が来た!★

iPhoneの設定画面にVERSAPROというのがあり、今まで見たことがなかったのでソフトウェアアップデートで新しく追加されたと思ったのですが、もしかしたらウイルスかも知れません。

モバイルウイルスでは、特にAndroid(アンドロイド)スマホを狙ったものが多いです。最近、「ウイルスに感染しない」というiPhoneに対するウイルスも蔓延しているのです。

そもそもiPhoneには、ウイルス感染を検知・駆除できるアプリやシステムは存在しません。

★ 本当にウイルスに感染したか、または詐欺かと確認すべき!★

1. iPhoneでネットサーフィン中に
突然ウイルスの警告が表示される場合は
ほとんどが詐欺広告です。

2. 現在、ウイルス感染っていうネット詐欺が多いです。
悪質な、「ウイルスに感染してますよ」みたいなページを出し、
役にもたたないvpnアプリや、キャッシュを削除するアプリに飛ばされます。(アプリストアに飛ばされる)

ダウンロード数稼ぎや、そのアプリを購入させようとする悪質なサイトです。ウイルスにも感染してないのに出ます。

3. ウイルスに感染したと言っている人は、ウイルスではないマルウェアをウイルスと勘違いしているか、あるいは「Fake Alert」と呼ばれる「偽」のメッセージに騙された人です。

▼Fake Alertとは
https://blog.trendmicro.co.jp/archives/16382

違法サイトにアクセスし、そこで「Fake Alert」に騙される人が大勢いるようです。

★ ウイルス感染じゃなく詐欺広告や警告が出たらどうするか ★

1. このような広告が出た場合は誘導には従わず、
無視してブラウザを閉じるようにしましょう。

2. そういうサイトが出た場合は、すぐタスクキルか、そのページを消してください。

もし何もしてないのに急にこのページみたいなのが出たら、
悪質なアプリケーションをダウンロードしてるかもしれません。
確認して見て下さい。

通知が来てそれを押すとこのページみたいなのが出たら、
明らかに変なサイトに通知を許可してないか確認して見て下さい。

★ 一方、iPhoneが本当にウイルスに感染する症状 ★

一覧:
●「携帯がウイルス感染しています」などのメッセージが表示される●トロイの木馬
●スマホの動きが遅い、データ通信使用量の消費が多い
●カメラが勝手に起動する
●迷惑メールがくる
●不明な発信履歴がある、変な音が鳴る
●覚えのないアプリがインストールされている
●データが消えている
●不明な発信履歴がある、変な音が鳴る
●電源が勝手に切れる、再起動する
●充電の減りが早い
●アプリがすぐに落ちる
●操作していないのに勝手に動く…など

★ iPhoneがウイルスに感染する経路(必ず感染するわけでもないが、可能性が高い)★

●アプリ/ソフト/写真/動画/音楽ファイルなどからウイルスに感染する。
●アダルトのような外国や国内のの怪しいサイトに立ち入る
●メールの添付ファイルからウイルスに感染する
●USBメモリやHDD、SDカード、CD/DVDなどの記憶媒体からウイルスに感染する
●ホームページやブログなどのサイトからウイルスに感染する
●ネットワークに接続されたあらゆるデバイスからウイルスに感染する

★ iPhoneがウイルスに感染することを予防するには ★

iPhoneでできる対策は

・脱獄をしない(公式アプリストア以外を利用しない)
・OSのアップデートを怠らない
・出どころの知れないアプリを入れない

これらを守っておけば、少なくとも、見るだけで【ウイルスに感染】するような事はありません。

※「絶対に大丈夫」という言葉はセキュリティの世界にはありませんので、万が一そのような事があるとしても、iPhoneはガチガチに固められてますので、ユーザー側にできる事は何もありません。諦めてください

★ iPhoneがウイルスに感染した場合の一般的な対処方法 ★

★ 方法(一):ウイルス対策アプリ ★

1 2