1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

繊細すぎるその感性…もしかすると「HSP」かもしれません

高い感受性を持ち、ちょっとしたことでも深く考えすぎてしまう…そんな方はもしかすると「HSP」と呼ばれる特性を持っている人かもしれません。

更新日: 2017年05月24日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
220 お気に入り 106268 view
お気に入り追加

■物事の捉え方は人によって千差万別

人間は、一人一人考え方も感じ方も違います。物事を何でもポジティブに捉える人もいれば、逆にネガティブに捉えてしまう人もいます

人それぞれ状況や性格によって全く違う受け取り方・理解をしているというのが人間の面白い部分でもあり、怖いところ

■なかには、何事も敏感に感じ取ってしまう「HSP」という方も

「HSP」とは、エレイン・N・アーロン博士の著作「The Highly Sensitive Person (とてもセンシティブな人)」の題名の頭文字をとった言葉

日本ではあまり研究が進められていない故か、あまり認知はされていない

■「HSP」とは

普通の人よりも、外からの刺激に敏感に反応するのがHSPの特徴です

他の人があまり気にならないちょっとしたことで感情が左右されてしまい、何をするのも辛いと感じてしまいます

様々なことを敏感に感じ取ってしまうがゆえにストレスを抱えやすく、体調不良を引き起こすことも

■例えば、こんな感じ方をすることはありませんか?

感受性が強すぎることで、相手の何気ない一言でも傷ついてしまい他者とのやり取りが上手くできない場合もある

不快なにおいや音、光などの視界に入ってくるものに強い刺激を感じ、ストレスとなります

人の感情の変化も敏感に感じ取ってしまい、それに振り回されてしまうことがあります

あまりにもたくさんのことが自分のまわりで起こっていると、不快になり、神経が高ぶる

例えば職場で同僚が上司にキツく責められているとします。そんな時、自分には全く関係のないことなのに当事者のように辛く苦しくなる

■しかし、勘違いして欲しくないのは「病気ではない」ということ

誤解されることもありますが、HSPは病名ではありません

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします