1. まとめトップ

【パチスロ】「怪盗天使ツインエンジェル」シリーズのまとめ

元祖萌えスロである『怪盗天使ツインエンジェル』シリーズ!最新作「ツインエンジェル 4 BREAK」(ツインエンジェル ブレイク)も発売され、アニメ化も決定。新たな少女たちの物語の原点から現在までをまとめました。

更新日: 2017年06月01日

0 お気に入り 33911 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kazuto_0701さん

アニスロ・萌えスロの原点であるシリーズ

萌えアニメがモチーフとなったスロットの原点といえるのが「ツインエンジェル」シリーズ。
勘違いしている人も多いとは思うのですが、ツインエンジェルは「スロットの作品がアニメ化した」もので、アニメよりスロットのほうが先なのです。
メーカーを変え、登場人物も変わりながらも受け継がれるその魅力を歴代の機種とともに紹介していきたいと思います。

初代:「怪盗天使ツインエンジェル」 ~2006年10月2日導入~

トリビーの五号機第一弾であり、オリジナルキャラクターが活躍するノンタイアップパチスロ機。キャラクターデザインは、アニメ『ARIA』シリーズなどで知られる古賀誠が手がけている。担当声優は、田村ゆかり・能登麻美子など人気声優を起用している。

2007年1月に、新パネルバージョンが発売された(スペックは変更無し)。これに伴い、トリビーのホームページ上でネーミング募集が行われ、今まで導入されていたバージョンは「キュンキュンピンク」、新しく発売されたバージョンは「ラブリーエンジェル」と名づけられた。

ボーナス終了後は必ずチャンスタイムに突入。
チャンスタイム中のベル成立時の約50%で1セット70GのRT「エンジェルタイム」に突入する。
70G消化後は再びチャンスタイムに突入し、ベル成立時の50%の抽選を経てRTに再突入する。
RT中の純増枚数は1Gあたり0.8~0.9枚。
チャンスタイム中にリプレイ成立でチャンスタイムは終了し、通常ゲームに戻る。
ボーナス中の打ち方は、チャイムが鳴った場合はチェリーorカバン成立。
左リール上~中段にBARを狙う。
カバン停止時は中・右リールにカバンを狙う。
上記以外はフリー打ちでOK。

二代目:「怪盗天使ツインエンジェル2」~2009年3月30日導入~

2006年にサミーが開発支援し、トリビーから発売された『快盗天使ツインエンジェル』の続編。前作はトリビーの5号機であったが、今回は原作版権を持つサミーが開発・販売することになる。

2009年2月6日に作品公式サイトにて発表された。『マイスロ』という携帯電話と連動した実機カスタマイズ機能を本機にて初搭載しており、『マイスロ』をパチスロユーザーに浸透させる火付け役となった。

パネルは通常ver.とクルミver.(下記「登場人物」参照)の2種類がある。
プロモーション展開では萌えスロのファン層を意識した展開を進めている。

出典m.zen6.jp

全てのボーナス終了後はエンジェルチャンスに突入し、小役やボーナスが成立すればナビポイント獲得抽選が行われる。
エンジェルチャンス中に「リプレイ・ベル・ベル」が並べばエンジェルチャレンジに移行する。ここで3択の押し順に成功して、「リプレイ・リプレイ・羽」の特殊リプレイが入賞すればエンジェルタイム突入になる。

 AT終了後はボーナスに当選していなければエンジェルチャレンジで再挑戦することになる。

 エンジェルチャンス中は、順押しでDDT消化をしないと、エンジェルチャレンジに移行しない場合があるので注意が必要。

・BIG中
ラブリーBIGとキュンキュンBIGは、小役ナビ発生時はナビされた小役を狙う。
ツンデレBIGは、「狙ってみなさい」という音声告知が発生した時にレア小役や白7を狙う。
・MIDDLE中
左リールに「カバン・カバン・ベル」を一度だけビタ押し。
成功したら、あとは適当打ちでOK。

ニコニコに「流出前提」の伝統のPVもスタート!

三代目:「怪盗天使ツインエンジェル3」 ~2011年11月導入~

2006年から始まった快盗天使ツインエンジェルシリーズの第3弾。

アニメーションのキャラクターデザインが、テレビアニメ版と同じ大木良一に交代している。

ボーナス合成確率が設定1でも1/198という「スイートスペック」、およびボーナスとリプレイタイム(RT)・「エンジェルタイム」で出玉を増やすというゲーム性は、前作・快盗天使ツインエンジェル2と変わらない。

前作と比較した場合の本機の特徴は、「RTストック獲得契機の増加」と「マイスロの拡充」にある。

出典goo.gl

HYPER BIG BONUSは小役ゲーム・JACゲームからなり、小役ゲーム中に特殊JACイン役を引くと、12ゲーム内に12枚役(見た目はリプレイ揃い)が3回入賞するまで、1/1.57の高確率でRTストック獲得となる白7揃いが成立する「エンジェルラッシュ」に突入する。

●ボーナス中の打ち方
≪BIG中≫
白7告知時は、各リールに白7を狙う。
チェリーorかばんナビ時はナビに従って獲得する。
白7揃いでRTナビストック確定。
また、BIG中全てベルだった場合は、3個以上のRTナビストック確定。

≪MIDDLE中≫
一度だけ、左リールに「ベル・かばん・かばん」をビタ押し。

PVも進化!伝統の「超」長編PV!!

四代目:「ツインエンジェル4 BREAK」~2017年6月5日導入~

ツインエンジェルはエンディングを迎えた…と思いきや、新たなツインエンジェルが誕生した。前作の続きである、TVアニメ「ツインエンジェル BEAK」の世界観の中で物語は進む。

ただ、先代のツインエンジェル(三人)も普通に出てきます。もちろん、あのキャラクターも登場します。

ゲーム性は公式曰く「ツインエンジェル2」をモデルに。伝統のスウィートスペックで、『脱事故待ち』を合言葉に遊びやすさを追求しています!

また、各他機種の良いところを「リスペクト」し、人気のある演出性となっています。

出典goo.gl

ボーナスは、
203枚獲得のSBB(黒BAR)・BIG(同色&異色)、56枚獲得のREG(赤赤BAR)の三種類。

選べるボーナスは最大七種類、演出数も爆増、マイスロも選べる嫁は全11種類、衣装カスタム総数は100種類以上、エンドカードは163枚に超進化しており、Sammyの本気度がうかがえます。

また、周期チャンスゾーンである「パトルンルンチャンス」を搭載。
ATの演出も「バトルモード」ち「ノーマルモード」の二種類から選べます!

出目についても、リーチ目・ドリセブ目のほかに今作では
「オールスター目」が新たに追加され、出目でも見せる仕様となっています。

プレイヤーを煽っていくスタイルの、伝統のPVも健在

1