1. まとめトップ

将棋だけじゃない!「藤井聡太四段」効果で人気が出ている5つ

藤井四段にあやかろうと今売れまくっているものがあるらしい。

更新日: 2017年06月03日

2 お気に入り 6469 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

LuvShmmyさん

将棋界で今注目の14歳棋士「藤井聡太四段」

非公式戦ながら「羽生も破った中学生」と各種メディアも採り上げ、藤井の凄さは愛棋家にとどまらず一般にも浸透してきた。

「『羽生善治時代』を上回る将棋ブームが来るかもしれない」と藤井四段の活躍に熱い視線を注いでいる。

藤井聡太四段のように『かしこい子供に育てたい親からも大きな注目』を集めています。

▼子供の頃遊んでいた積み木立体パズル「キュボロ」

世間の興味は話題の天才がどのように育ったか? 関連して、あるおもちゃが空前絶後の売れ行きを見せている。

出典tvksj.com

藤井四段が子供の頃、遊んでいたおもちゃだそうです。
このキュボロを組み立てることで小さな子どもの三次元の空間能力、創造力、集中力が培われるといいます。

『キュボロ』はスイスで生まれた積み木を使用してビー玉の転がすための通路をつくる玩具です。

全国から問い合わせが殺到。この半年だけで10年間で売った数を超えたそうです。
現在も入荷待ちの状態になっています。

この「cuboro/クボロ(キュボロ)」は、藤井聡太四段が活躍し始めた今、入荷半年待ちのお店も多数出てきているそうです。

キュボロ予約してしまったーー!!まぁ将棋教えるしね 大人もハマりそう!

キュボロ売ってなくて、うちの爺さんガッカリ(ToT)そりゃ凄い人気だもんね。

▼祖母と遊んだ将棋盤「NEWスタディ将棋」

5才の夏、祖母に「スタディ将棋」という入門セットを買ってもらうと一気に魅力にはまり、その冬から将棋教室へ通い始めた。

聡太少年は駒の動かし方が書いてある初心者向け「スタディ将棋」に食いついた。負けず嫌いの性格が才能を伸ばした。

子供には難しい将棋の駒の漢字を、動き方が矢印で書いてありわかりやすく遊べるという玩具がきっかけだと言う。

藤井くんの影響でくもんのスタディ将棋を子に買い与えようとする親多いんだろうな。かくいう私も買ってあげたいと思ってる。でも、うちの子は大人しくスタディ将棋やってられるような落ち着きはなさそうだな…。健康ならなんでもいいんだけどさ。

昨日久しぶりにショッピングモールのおもちゃブースに行ったらスタディ将棋と立体パズルが目立つところにドカンと置いてあった。これはまさに藤井四段効果…!

NEWスタディ将棋を『藤井四段が学んだ入門書』とナレーション(´・_・`)

▼夕食に食べた「ほそ島や」のチャーシューメン

麺好きを公言している藤井四段。

「ほそ島や」は将棋会館付近にあるそば店で、昔から棋士たちがこよなく愛してやまない店。

将棋会館での出前メニューの“定番”である「ほそ島や」

5月25日の対局ではチャーシューメンを選択した。今最も注目されている棋士の食べたチャーシューメンに、多くの人が反応している。

ほそ島やのラーメンスープ切れは笑った だって昔っから棋士が出前頼んでるとこでしょw

千駄ヶ谷のほそ島やのチャーシュー麺が今そんなにアツいとは

1 2