1. まとめトップ

【バイク】126~250ccクラスの海外メーカーのスクーターを紹介【おすすめ】

国産スクータとは一味違う!?126~250ccクラスのおすすめの海外メーカーのスクーターを紹介します。

更新日: 2017年06月05日

abanakbさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 8282 view
お気に入り追加

【ベスパ】

イタリアのオートバイメーカー「ピアッジオ」が立ち上げたブランド。イタリア語で、「スズメバチ」という意味を持つ。

PX150ツーリング

総排気量:150cc

ウインドスクリーンや前後のクロームキャリアを標準装備している。

946ベリッシマ

総排気量:155cc

ベリッシマは最上の美しさという意味。
新機構のタンデムシートが特徴的となっている。

GTS150スーパー

総排気量:155cc

独特なスチールモノコックボディとスポーティなボディラインを採用。フロントフェンダーの『S』、リアフェンダーの『Super』のデカールはスポーティな印象で他モデルとの違いを強調している。

GTS250ie

総排気量:244cc

新設計の強化スライディングサスペンションを採用。路面追従性をアップさせ、快適性が向上した。マルチファンクション液晶パネルやLEDポジションランプを採用している。

【ピアッジオ】

イタリアのオートバイメーカーでモト・グッツィやベスパなどブランドを7つ保有しているヨーロッパの最大手企業。

MP3 250FL

総排気量:244cc

前輪2輪・後輪1輪のトライクで、利便性だけではなく意外な速さも兼ね備える革新的な乗り物。

【ジレラ】

イタリアのオートバイメーカー。1969年にピアッジオの傘下に加わり、主に小型から大型までのスクーターを製造している。

ランナーST200

総排気量:198cc

エンジンは定評ある 4ストローク4バルブ 200ccピアジオリーダーエンジンを搭載したジレラのヒットモデルで、国内250ccクラスのスクーターよりも駿足のハイスピードスクーター。

ネクサス250ie

総排気量:244cc

ネクサスは250、300、500の3機種が展開されるスポーツスクーター。シート下のスペースにはフルフェイスヘルメット1個が収納できる。

【アプリリア】

イタリアのオートバイメーカー。2004年にピアッジオ傘下となった。

スカラベオ200

1 2 3

関連まとめ





abanakbさん