投資信託の取扱本数と一緒に確認してもらいたいのが、投資信託の購入時手数料がかからない『ノーロード投資信託』の本数です。少額の投資であれば購入時の手数料は気にならないかもしれませんが、積立投資をする場合、毎回購入時に手数料がかかってきます。ノーロード型を選択すれば、低いコストで運用をすることができます。

出典投資信託おすすめネット証券

手数料1%の投資信託なら、100万円預けたら1万円持っていかれてしまいます。
特別な理由がない限りはノーロード(買うときの手数料0円)でいいと思います。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【超長期】私なりの投資信託のやり方【毎月積み立て】

投資信託を始めようか迷っている人は参考にしてください。

このまとめを見る