買い付ける金額は毎月同じなので、投資信託1口あたりの値段である基準価額が高いときには買い付ける口数が少なく、逆に基準価額が低いときには買い付ける口数は多くなります。そのため、長期間、継続することで、結果的に購入単価を平準化し、リスクを軽減することも期待できます。



「投信積立」は申込時に銘柄(購入する投資信託)と買付金額を指定すれば、毎月決まった日に指定した口座から投資資金を引き落として自動的に買い付けてくれるので、手間ヒマを掛けずに続けることができます。投資のタイミングで悩むこともありません。

出典積立投資なら少額から!リスクを軽減しながら投資できる | SODATTE−子育てとお金の情報サイト−

投資信託の積立てによって時間と投資先のリスクを分散できます。
毎月無理のない額を積み立てるのであればだれだってできるはずです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【超長期】私なりの投資信託のやり方【毎月積み立て】

投資信託を始めようか迷っている人は参考にしてください。

このまとめを見る