1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

榮倉奈々&安田顕が夫婦役!Yahoo!知恵袋『妻ふり』がまさかの実写化

Yahoo!知恵袋の伝説の投稿をもとにしたハートフルコメディ映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」。朝ドラ「瞳」でも共演した榮倉奈々と安田顕が夫婦役でW主演。夫が帰宅するたびに死んだふりをする妻を、榮倉が七変化で演じる。安田の後輩夫婦役で小出恵介と野々すみ花も出演。

更新日: 2017年06月16日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
38 お気に入り 76663 view
お気に入り追加

◆榮倉奈々と安田顕が『妻ふり』でW主演する

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が映画化!榮倉奈々&安田顕が夫婦に #映画 cinematoday.jp/news/N0091778 pic.twitter.com/TaonkdEqBO

栄倉奈々(29)が、映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」(李闘士男監督、来春公開)で、ともに主演する安田顕(43)と本格的な夫婦役に初挑戦する。

不思議な行動を繰り返すぶっとびキャラの妻を榮倉、冷静な夫を安田が演じる。

安田扮するじゅんの後輩夫婦・佐野と由美子を小出恵介と野々すみ花が演じる。

◆原作は「Yahoo!知恵袋」発のコミックエッセー

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』
(作・K.Kajunsky、漫画・ichida)

2010年「Yahoo!知恵袋」に投稿された「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」という質問から生まれたコミックエッセイの映画化。

その投稿にインスパイアされたボーカロイドプロデューサー・ほぼ日Pが初音ミクで作ったオリジナル楽曲の動画もニコニコ動画で再生数1位を獲得するなど一大ブームに。コミックエッセイは現在第3巻まで発売、累計発行部数は15万部を超えている。

◆榮倉と安田は朝ドラ『瞳』以来、三度目の共演となる

『瞳』(2008)

脚本:鈴木聡
出演:榮倉奈々、安田顕、西田敏行、満島ひかり

榮倉は安田との共演は、NHK連続テレビ小説「瞳」、「わたしのハワイの歩きかた」(14)に続き3度目となる。

「安田さんとは3度目の共演となりますが、夫婦のように近い関係性は初めてだったのでやはり照れくさかったです。」

榮倉奈々のコメント

「榮倉さんが二十歳のころ、はじめてドラマでご一緒したことがありました。今回久々に現場でお会いできて、嬉しかったです」

安田顕のコメント

◆気になるストーリーは

仕事から帰宅したサラリーマンのじゅん(安田)は、玄関で妻のちえ(榮倉)が口から血を流して倒れているのを発見する。慌てて介抱するが、血はケチャップでできており、ちえは死んだふりをしていただけだった。

ホッとして理由を問うも、からかうように笑うだけのちえ。それからというもの、家に帰ると、ちえは必ず死んだふりをするようになった。

最初は呆れるだけだったじゅんだが、何を聞いても「月が綺麗ですね」と笑うだけのちえにだんだん不安を覚え始める。寂しいだけなのか、何かのSOSのサインなのか―。

◆榮倉の死んだふり七変化も見どころ

[フォトギャラリー]ワニに食われて死んでる…?映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』が来春公開へ #榮倉奈#安田顕 cinematoday.jp/gallery/E00114… pic.twitter.com/205KdgL6Gh

ある時はワニに喰われて、ある時は銃で撃たれて、またある時は頭に矢が刺さって…。さまざまな“死んだふり”に挑む榮倉。

「(数々の死んだふりをする)榮倉さんの七変化を映画館で堪能していただけたら幸いです」

安田顕のコメント

◆『デトロイト・メタル・シティ』の李闘士男が監督を務めた

1 2





記憶の中で生きてゆける