1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

セクシーさも健在…元グラドル・水崎綾女の成長ぶりがすごいことになってる件

河瀬直美監督作品「光」でヒロインに抜擢された元グラビアアイドルの水崎綾女さん。セクシーぶりも健在のようです。

更新日: 2017年05月25日

ピュンマさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
33 お気に入り 123494 view
お気に入り追加

▼10代の頃はグラビアアイドルとして人気を博した水崎綾女

04年のホリプロタレントスカウトキャラバンでベストグラビア賞を受賞して芸能界入り

クールな美貌と成熟したボディで「平成生まれのFカップ」のと呼ばれ、グラビアアイドルとして人気を博す。

▼昨年、麻雀がきっかけで一般男性と結婚した彼女

水崎いわく「麻雀は人の性格が出る」ということで、常に穏やかな彼の姿にひかれたという。

▼ここ数年はアクションのできる女優として活躍の場を広げていた

水崎は2013年の映画「ユダ」の主演で注目され、14年の映画「赤×ピンク」などでアクションのできる女優として活躍中。

2006年からテレビドラマや舞台、映画など計70作品以上に出演し、演技力を磨いてきた。

これまで『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』や『彼岸島 デラックス』といったアクティブな演技や、ヌードにも挑戦した『ユダ Judas』のように、そのグラマラスな肉体を駆使する演技ばかりが注目されてきた

▼そんな彼女は、河瀬直美監督作品「光」でヒロインに抜擢された

第70回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された「光」(27日公開)でヒロインを演じた水崎

オーディションで、河瀬直美監督(47)直々にヒロインに抜擢され、28歳で国際的にも注目される女優となった。

「いま、ここに私がいることが信じられない。誰よりも経験が浅く、知識もなく、空っぽな状態の私をヒロインに選んでくださって、命を吹き込んでくださって、光をあててくださった監督です」と、監督に感謝を述べていた

映画『光』撮影中の水崎綾女さんを見たけど、鬼気迫るものがあったよ(^^;))) 魂の演技!公開が楽しみ♪ pic.twitter.com/oowlamzNjr

▼カンヌ国際映画祭では、観客のスタンディングオベーションに思わず涙…

第70回カンヌ国際映画祭で23日(日本時間24日)、最高賞を競うコンペティション部門に出品されている河瀬直美監督の「光」が公式上映された。

河瀬監督、主演の永瀬正敏、水崎綾女、藤竜也、神野三鈴の全員が感激の涙を流し、互いに抱き合って喜びをかみしめた。

初カンヌとなった水崎は「たくさんの方に拍手をいただいて、感動した。感謝の気持ちしかない」と涙。

▼国際的な女優となった彼女に、ファンたちも感慨深い様子

水崎綾女が知らないうちにちゃんと映画女優になっていてなんか感慨深い

水崎綾女 嬢といやあグラドルとTVドラマ版キューティーハニーのイメージしかなかったが、今やカンヌ女優かあ。御結婚もされたようだし、着々と地固めしてるんだなあ。

1 2