1. まとめトップ

近代日本文学おすすめ作品

芥川龍之介、萩原朔太郎、森鴎外、夏目漱石、尾崎紅葉、三島由紀夫、正岡子規、川端康成、三浦数人、太宰治、中島敦

更新日: 2017年07月11日

ポケナイさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 406 view
お気に入り追加

初めに

西洋の学者の掘り散らした跡へ遙々遅ればせに鉱石のかけらを捜しに行くのもいいが、我々の脚元に埋もれている宝を忘れてはならないと思う。

寺田寅彦が和辻哲郎に語った言葉

近代日本文学の、おすすめ作品を紹介していきます。
源氏物語、平家物語などを入れると、多くなりすぎますので、また別にやろうと考えています。

世界文学は下のページに記述しています。

打線

野球ファン以外の方は、飛ばしてください。
野球ファンの為に打線を組むと、このようになります。
9番以外、異論は認めます。

1芥川龍之介 ライト
2萩原朔太郎 ショート
3森鴎外 ファースト
4夏目漱石 サード
5尾崎紅葉 センター
6三島由紀夫 レフト
7正岡子規 キャッチャー
8川端康成 セカンド
9三浦数人 ピッチャー

夏目漱石 森鴎外 芥川龍之介 三島由紀夫 三浦数人までは、
すぐに決まりましたが、後の選出がかなり迷いました。

芥川龍之介=イチロー
萩原朔太郎=松井稼頭央
森鴎外=王貞治
夏目漱石=長島茂雄
尾崎紅葉=山本浩二
三島由紀夫=金本知憲
正岡子規=野村克也
川端康成=高木守道

1芥川龍之介

天才とは僅かに我我と一歩を隔てたもののことである。同時代は常にこの一歩の千里であることを理解しない。後代は又この千里の一歩であることに盲目である。同時代はその為に天才を殺した。後代は又その為に天才の前に香を焚いている。

出典『侏儒の言葉』芥川龍之介

言わずと知れた、日本の短編の名手。
美形で、賢明で、煙草好きで巨根。
24歳の時に執筆した『鼻』が、夏目漱石に絶賛され一躍人気作家となる。
そして10年余りで数多くの名作短編を生み出し、35歳で自殺する。

【芥川龍之介の主な作品】
1915年 羅生門
1916年 鼻、芋粥、手巾、煙草と悪魔
1918年 蜘蛛の糸、地獄変、邪宗門 、奉教人の死、枯野抄
1919年 犬と笛、魔術、蜜柑
1920年 舞踏会、南京の基督、杜子春、アグニの神
1921年 藪の中
1922年 将軍、報恩記、三つの宝、トロッコ、おぎん
1923年 侏儒の言葉、猿蟹合戦、あばばばば
1924年 一塊の土、桃太郎
1927年 河童、蜃気楼、文芸的な余りに文芸的な
歯車、或阿呆の一生、西方の人、続西方の人

『羅生門』『蜘蛛の糸』『地獄変』『蜜柑』は、学校で学ぶと思います。
それ以外として、『舞踏会』『南京の基督』『藪の中』『桃太郎』をおすすめします。
一日一冊として、一ヶ月で主な作品は読めると思います。

『羅生門』という映画があります。監督黒澤明、ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞とアカデミー賞名誉賞を受賞しています。
芥川龍之介の『羅生門』と『藪の中』を足した作品です。見ていない方がいらっしゃるなら、是非見てくださいませ。

芥川龍之介
1892~1927 日本の作家『羅生門』『蜘蛛の糸』『地獄変』『藪の中』

2萩原朔太郎

人間は一人一人に違った肉体と、違った神経とをもって居る。我の悲しみは彼の悲しみではない。彼の喜びは我の喜びではない。
人は一人一人では、いつも永久に永久に、恐ろしい孤独である。
原始以来、神は幾億万人という人間を造った。けれども全く同じ顔の人間を、決して二人とは造りはしなかった。人は誰でも単位で生まれて、永久に単位で死ななければならない。

出典『月に吠える』萩原朔太郎

日本の詩の第一人者。
長男で朔日に生まれたため、朔太郎と名付けられる。
四季の中では秋を好む、月が最も綺麗な季節である。
趣味は漫歩、特に好きな場所は停車場の待合室であった。

萩原朔太郎
1886~1942 日本の詩人

3森鴎外

殺したのは罪に相違ない。しかしそれが苦から救う為であったと思うと、そこに疑いが生じて、どうしても解けぬのである。

出典『高瀬舟』森鴎外

日本の文豪兼軍医。エリート中のエリート。
多数の作品と、多数の翻訳がある。
背が高く髭面。甘党であんぱん好き。

【森鴎外の主な作品】
1890年 舞姫、うたかたの記
1891年 文つがひ
1909年 ヰタ・セクスアリス
1910年 青年、普請中
1911年 雁
1912年 興津弥五右衛門の遺書
1913年 阿部一族
1915年 山椒太夫、最後の一句
1916年 高瀬舟、渋江抽斎

『舞姫』『高瀬舟』は、学校で学ぶと思います。

森鴎外
1868~1922 日本の作家『舞姫』『高瀬舟』

4夏目漱石

1 2 3





基本的に、毎週日曜日に更新しています。仕事が多忙な時は、更新が遅れます。