1. まとめトップ

ふとんの訪問販売【実家の母親に、丸八真綿が高齢者に高額商品を次々販売!】1025view

久々に実家に戻ったら、高級ふとんが山のようにあってビックリ( ゚Д゚)私の母親は昭和13年生まれで79歳、戸建て住、人並みの生活。この何年かで300万円近くの布団を買っています。まぁ、母親のお金ですから文句は言えませんが・・・でも、この年齢でこんなに数多く高額なふとんは必要ありませんよね?

更新日: 2017年10月04日

past38さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 1296 view
お気に入り追加

久々に実家に戻ったら・・・布団が山盛りに( ゚Д゚)

久々に実家に戻ったら、高級ふとんが山のようにあってビックリ( ゚Д゚)
私の母親は昭和13年生まれで79歳、戸建て住、人並みの生活。
この何年かで300万円近くの布団を買っています。まぁ、母親のお金ですから文句は言えませんが・・・でも、この年齢でこんなに数多く高額なふとんは必要ありませんよね?
母は「担当の営業の人が感じよくて、ちょくちょく顔も出してくれるので・・・」と満足の様子ですが、これって高齢者への高額商品の次々販売ですよね?
全て現金販売なので、信販会社などのガードも効きません・・・3年前に購入した商品は、新しく布団を買い替えるために下取り?(契約書では、その分が特別値引きとなっています)に出して処分されています。こんな高額な商品が3年で駄目になるものなの???

まぁチョクチョク実家に戻り、チエックしないと心配ですね!!

ネットで調べると、色々な悪評が出てきますね~!!
行政には消費者の声は届かないのかな?消費者庁・国民生活センターなど・・・

下段に入れましたが、高齢者に寝具一式373万円の販売は悪童ですね~・・・
寝返りを打って転落したら、骨折しそう(笑)
これは氷山の一角???消費者庁が調査したらもっと怖い事実が沢山出てきそうですね~

選挙にばかり気を取れれていないで、「消費者庁」担当大臣は本腰をいれて改革して欲しい
ものですね!!

「訪問販売」は世の中に本当に必要な販売方法なのか???

あなたの実家は大丈夫ですか???
月に1度は、顔出ししないとですね~・・・

丸八真綿販売(本社神奈川県、見目裕志社長)が、住宅設備の品ぞろえを強化している。同社はすでに、畳、カーテン、内窓の取り扱い開始を公表していたが、トイレ交換サービスのテスト販売を4月から開始していたことが、このほど分かった。訪販売り上げの9割を既存顧客が占めるなか、商材を広げ顧客単価を高めるという、同社の方針の一環だと考えられる。

90%が再販なんて・・・究極ですね~( ゚Д゚) 販売顧客は半数以上が65歳以上の高齢者なのに、ふとん・畳・カーテン・トイレ・・・とは、おまけに「単価をUP」完全に高齢者への次々販売だ~

株式会社丸八ホールディングス | 悪質商法にご注意ください
www.maruhachi.co.jp/悪質商法にご注意ください

弊社に報告のあった事例をご紹介します。 ○「丸八に委託されて」. ご自宅に機械を持ち込み、10分程度で無料クリーニングやふとんの乾燥をします。メーカーより委託を受けています。 ○「苦情が出たため」. 羽根が出たり、ふとんにカビが生える苦情が出ました。

↑・・・丸八本人が「悪徳商法にご注意ください!」・・・とは不思議な文章ですね~!!

高齢者への高額商品の次々販売って・・・

1





past38さん

気になることを深堀りします!!