1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

【皇室・背乗りbot】2017年9月20日。天皇皇后両陛下が埼玉県の高麗神社に参拝する。この神社は韓国民団に乗っ取られた神社だ。韓国への謝罪旅行の予行練習か。goo.gl/5dZm8T pic.twitter.com/dlmIEceM3C

昭和の戦争について、時にその責任について聞かされ、それを償う気持ちを固く持っておられるはずだ。そして、あのような戦争を二度としてはならないと心に定め、平和憲法を守らなければならないと強く思っているのであろう。それに対し、保守右派の論客や政治家は強い反発を覚えている。彼らは昭和の戦争を正しいととらえ、だから靖国神社に参拝しない天皇が腹立たしい。もちろん、天皇はそうした保守右派の敵意はわかった上で、あえて無理に無理を重ねて各激戦地への鎮魂の旅を続けている。それが象徴天皇としての務めだと信じて、戦い続けているのだ。

【右翼左翼】左も右もあまりに頭が悪い。馬鹿な左は馬鹿な右に対峙することで何かしたつもりでいるし、馬鹿な右は馬鹿な左に対時することで何かしたつもりでいます。これを僕は「愚劣な論壇平面」と呼びます。 miyadaibot.blog.fc2.com/blog-entry-16.… 『天皇と日本のナショナリズム』

@toriiyoshiki @mas__yamazaki 憲法を擁護する天皇までサヨク扱いする不逞の輩もいるぐらいなので、安倍に批判的な人物はみなサヨクになります。 ネトウヨにとっては安倍信者とサヨクしか存在せず、右翼対左翼という構図ではないようです。

1