1. まとめトップ

おいしいお米の麺料理ビーフン

米粉で作られ、うどんやラーメンともまた違ったおいしさを持つビーフンの、様々なメニュー紹介まとめです。

更新日: 2018年04月20日

1 お気に入り 1786 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

麺類大好き筆者です。

moepapaさん

ビーフンとは

ビーフン(中国語: 米粉)とは、うるち米を原料とするライスヌードルの一種である。中国福建省や台湾、日本で食べられるものは一般的に素麺のような細長い形状をしており、日本語でビーフンというと普通これを指す。英語ではライス・ヴァーミセリ(Rice vermicelli)と呼ぶことが多い。

中国南部の福建省周辺が発祥であり、漢字では米粉と表記する。日本語のビーフンはミンナン語や台湾語の発音「ビーフン (bí-hún)」に由来する外来語である。東アジアの華中以南は米作地帯であり、それらの地域では小麦の生産量が少ない。そのため、小麦粉の「麺」(ミエン)ではなく、ライスヌードルを意味する「粉」(フェン)が日常的に食べられており、種類も多い。一般的にビーフンは乾燥させた状態で流通、販売されるが、産地では乾燥前の販売もある。

台湾や中国南部(福建語: ビーブン、北京語: ミーフェン、広東語: マイファン)、ベトナム(ベトナム語: ブン、bún)、タイ(タイ語: センミー、เส้นหมี่ )、インドネシア(インドネシア語: bihun, mihun)、マレーシア(マレー語: mee hoon, mihun, bihun)、シンガポール、フィリピン(タガログ語: pansit)、ミャンマーなどで盛んに食用とされる。

完成したビーフンは、乾燥させているため長期の保存ができるが、そのため調理時は、あらかじめしばらくぬるま湯に漬けるか、熱湯で軽く茹でるかして柔らかくする。調理方法はさまざまではあるが、炒める場合とスープに入れる場合が多い。小麦粉で作られた中華麺と同じ調理方法で、麺だけ異なるといったこともある。
また、日本で食されるビーフンはほぼ太さが決まっているが、東南アジアにおいては極細いものから、日本の饂飩なみに太いもの、シート状のものまで多種のライスヌードルが存在し、その分多くの名称や種類の料理が存在する。

日本では台湾や中国福建省同様に野菜や肉類などの具材といっしょに炒めた焼きビーフンや、具材とともにスープにいれた汁ビーフンとして食べる。一般家庭では、味付きのインスタント焼きビーフンの利用の方が一般的である。

おいしいビーフンメニューの数々

日本でも人気の麺料理で、乾麺の状態で各社から製品化されています。

ビーフン料理の王道、具材と一緒に水分を含ませて炒めたもの。
具材は肉、海鮮、野菜、さまざまです。

麺類の一種ですので、ラーメンのようにスープに入れて、具材と一緒においしく食べられます。

茹でて春雨のようにしてサラダにも。

揚げても堅焼きそばのようにおいしく食べられます。

1 2 3