1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

英語がペラペラ、暗かった高校時代...ブレイク中の芸人の意外な過去

今年は様々な芸人がブレイクしていますが、それぞれに意外な過去がありました。

更新日: 2017年05月26日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
38 お気に入り 274134 view
お気に入り追加

今年1番ブレイクしている芸人は誰を思い浮かべますか?

今年一気にブレークしたブルゾンちえみさんを筆頭に、平野ノラさん、ゆりやんレトリィバァさん、横澤夏子さんなど。トークバラエティー番組のひな壇といわれる位置に、一人は女性ピン芸人が座っていることが多くなってきました

お盆一つで股間を隠す芸で人気のアキラ100%。時にお盆をクルクル回したり持ち手を離したりするドキドキのパフォーマンスで『R-1ぐらんぷり2017』(フジテレビ系)優勝を飾り、今年のブレイク芸人の仲間入りを果たした

▼そんなブレイク芸人には意外な過去があった

日本に10人しかいない小児臓器移植のコーディネーターの妻を持つアキラ100%

本日発売のビッグコミック増刊号! 表紙にしてもらってます!! ワーイ!!! pic.twitter.com/U9Cx92SPMK

2015年に結婚した雅美さんは看護師で、小児病院に勤め、臓器移植を担当する小児臓器移植のコーディネーターを務めている。日本で10人しかいないとされる職業だという

妻は看護師で僕よりぜんぜん稼いでると思うけど、自分の稼ぎを言うのが恥ずかしいから、妻の稼ぎは一度も聞いたことない

収入がほとんどない“格差婚”だったが結婚の理由として雅美さんは「お金を持っているとか、ちゃんと仕事しているとか条件ではなくって、仕事でピリピリしているときも彼と会うとホッとする」と話した

本当に"いい女"だったブルゾンちえみ

わき目も振らず陸上に青春を燃やすような“ド根性少女”だったブルゾン、当時は現在とまったく違う外見だったという

当時は髪形もボーイッシュで今と違って痩せていたという。だが持ち前のキャラもあって、男子からも慕われていたとのこと

パール人だらけのファーストフード店でバイトをしていたとき、ネパール人にモテまくった

実家が貧乏だったサンシャイン池崎

貧乏だった理由を「タバコの葉っぱを乾燥させる工場を自営でやってたんですけど、ヘビースモーカーの親父のタバコが葉っぱに引火して一回全焼したんですよ」と説明した

英語がペラペラなゆりやんレトリィバァ

昨日、島ぜんぶでおーきな祭でロート製薬さんのブースにおじゃましました! みなさんも、化粧水は肌ラボで潤っていきやーーーーーーー!!! pic.twitter.com/PiMwoVvKS6

共通して話題になるのが、その「英語力」

終始英語を使って「私はフラッシュダンスです。私もあなたのアカデミーに入りたい」と謎の設定で猛アピール

高校時代は一人ぼっちだったトレンディエンジェル 斎藤司

「ふさぎこみましたね。友達もいなかったので。父親にもあまり話すこともなく…」と悲しい青春時代を振り返った

高校を卒業して20年ほど経ちますが同窓会に誘われたことがなく、卒業以降、同級生と一切顔を合わせていないそうです

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する