1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

c725966さん

企業理念

未来をイメージさせ具現化できる企業
自分でイメージできない未来は絶対に起こりません。未来を作るのはイメージすることからスタートします。
私たちはかかわるすべての人、企業が未来をイメージできるサービス、ソリューションを提供します。
そして、イメージを具現化するためにどうすればいいのかを徹底的に考えられる集団であること
イメージなくして成功はない。
イメージが具現化できたときこそ本当の成功だと考えます

お客様が求めている以上のモノを提供する。
それは、Webプロデュースを専門として行ってきた私たちにとって、至極当然のことです。
私たちがそこで満足することは決してありません。

では、私たちが目指しているモノは一体何なのか。

それは、お客様に弊社のWebプロデュースを通して「利益」という目に見える形で結果を出していただくこと、
そして、一緒に企業として成長・発展していくことです。

それを成し遂げるために、社員スタッフ全員が一丸となり、全体的な戦略から1つ1つのクリエイティブに至るまでお客様のことを真剣に考え、細部の細部までこだわり、寸暇を惜しんで徹底的に作り上げ、全力でサポートしていきます。

お客様から、「SPCにお願いしてよかった」と、そして、私たちも「お客様と仕事をすることができてよかった」と、互いに本心からそう思えるような仕事になることをお約束します。

WEBインテグレーション事業

私たちが出した1つの解決策が、WEBインテグレーションという自由度の高いサービスを、安易にパッケージ化することなく、
個々の業種業態、クライアントの状況を十分理解した上で提案していくということです。
WEB戦略にも様々なフレームがありますが、どの分野にも通用する完全なモノというのは存在しません。
それらが大きな助けとなる事は間違いありませんが、最後には、自分たちの頭を使って考え、自分たちなりの答えを導き出していくしか無いのです。
ですから、私たちはWEBインテグレーションのプロフェッショナルとして、フレームを提供したりアドバイスをするだけでなく、
実際にお客様と一緒に頭を使って考え、同じの方向を向いて一緒に企業として成長・発展していきたいと考えています。

実績と反響

――これまでの実績を教えてください。
津田:設立してから約3年ですが(2015年3月現在)、制作したサイトはすでにおよそ500件となっています。今も月間平均で30~40サイトぐらいは制作しています。
――お客様からの反響はいかがですか?
津田:嬉しいことにリピート率は高いですね。「サイトをリニューアルした途端問い合わせが急増した!」「無理なお願いにも応えてくれて、本当に助かった」といった声をいただくことも多いです。

サービス内容とユーザー層

――現在の主なサービス内容を教えてください。
津田:Web制作とWebコンサルティングという2つのサービスを展開しています。Web制作については、ブランディングサイト、ポータルサイト、EC関係サイトなど、多種多様なサイトに対応しています。Webコンサルティングとしては、マーケティング、リスティング広告などによる集客支援・企画立案を行い、継続的にPDCAサイクルを回しお客様の経営をサポートしています。
――主なユーザー層を教えてください。
津田:従業員数50名~100名程度の中小企業が主なお客様となっていますが、東証一部上場企業のクライアント様の案件を担当することもあります。取引のある業界は企業様からお声掛け頂くことも多く、さまざまな業界の案件を手がけており、とりわけ多いのは金融、不動産、教育関連のお客様です。また、同業界であるIT業界のクライアント様も増えつつあります。

今後の展望

――今後の展望を教えてください。
津田:さらにお客様の幅広いニーズに応えるため、会社規模は随時拡大していきます。
2015年6月現在、当社の拠点は新宿に2社、宇都宮に1社、オフショアとしてカンボジアに2拠点あり、従業員数も設立から3年で60名ほどとなりますが、100名を超える体制を作るほか、これまで以上に大規模な案件も受けられるようになると思いますね。
とはいえ、ベンチャーならではの柔軟な仕事のやり方を変えるつもりはありません。
お客様のため融通の利く動きは今後も続けていきますので、ぜひお気軽にご相談いただきたいと思います。

求める人物像は?

御社の求める人財像について教えてください。
弊社はベンチャー企業ですので、企業の成長に伴い、社内の制度、業務内容、求める質など、様々なものが急速に変化していきます。
ですので、そのような変化に柔軟に適応し、成長していくことを肯定的に楽しむことができるような人材を求めています。
・ 会社と一緒に成長していこう意欲のある方
・ 将来独立したいという方
・ 明確な目標を持っている方
・ 目標に向かって突き進んでいける方

人事制度は?

御社独自の“特色ある制度”について教えてください。 どういう制度なのですか?
弊社の「明確、納得、満足」人事評価制度は、コンサルタント・WEBデザイナー・プログラマーなど職種ごとに、独自の指標を設定し、皆が納得し、満足できる人事評価を行う制度です。
営業など、自分の成果が数字として明確に現れる職種であれば、明確な評価制度を作る事は容易ですが、デザイナーやプログラマーなど成果が数字として現しにくい職種の場合は、どうしても評価制度は曖昧なものになりがちです。
そこで弊社ではこの制度を導入することにより、個々人が
・ 自分の市場価値を高めていくにはどうすれば良いのか?
・ どうすれば自分の給与が上がっていくのか?
ということを具体的にイメージできるようにしました。

沿革

2015年7月 新宿支社設立
2015年6月 カンボジア支社設立
2015年4月 宇都宮支社設立
2014年6月 業務拡大に伴って、本社移転
2012年9月 KAIDO GROUP設立

最終目標

弊社の最終目標は、採用課題を解決することはもちろん、採用活動を仕組化すること。具体的にはコンサルタントが持つ知恵を企業にお渡し、自社で運用できる体制をつくることです。体制が整うまで採用コンサルタントを中心としたチームでサポート致します。

SPCの特徴

「当社の特徴は、“スピード”」。こう語るのは、Web、システム開発分野でいま、急成長を遂げているITベンチャー企業、SPC代表のTaniguchi氏。「失敗が許容される」という環境のもとで、若手エンジニアが躍動。最近ではベトナム、カンボジアにも活躍の舞台を広げ、両国のエンジニアが会社の成長をけん引している。

事業内容は?

Webインテグレーション事業、システムインテグレーション事業、採用コンサルティング事業、メディア運営事業の4軸で事業を展開しています。

 当社には「パッケージ製品は売らない」という信念があります。なぜなら、1社1社事情が異なるクライアントのニーズを満たすうえで、パッケージ製品はベストなソリューションとはなりえないからです。パッケージ製品の仕様にクライアントの業務をあわせて変えていくなどは、本末転倒です。ですから当社は、クライアントの課題解決と成長につながるWebやシステムを提供することに徹しています。

ビジョン

―今後のビジョンを教えてください。

 現在保有するリソースを活かし、新たなシナジーを発揮させる事業展開を摸索しています。

 スピード感をもって成長していく過程で、会社のカタチはどんどん変わっていくでしょう。そのなかで、クライアントのみならず、若手エンジニアにとっても未来の成功をイメージさせられる企業でありたいですね。

―今後のビジョンを聞かせてください。

 ベトナムでは現在、9名のエンジニアが活躍していますが、技術レベルは非常に高く、勤勉。レベルの高い日本人エンジニアと変わらない感覚でプロジェクトを進められます。新事業をけん引していけるポテンシャルは十分。そこで、今後1年以内にベトナムだけで80人体制にまで引き上げていきたいと計画しています。

 さらに、オフショア開発拠点としてコスト削減に貢献するだけではなく、「両国でNo.1のITカンパニーになる」という目標を掲げています。両国でドメスティックサービスを展開することで、現地での認知度を高めていきたいと考えています。海外事業も本社に負けないよう、スピード感をもって成長させていきます。

1