1. まとめトップ
  2. 雑学

川の中に建つ家!大自然の中に佇む、世間から隔絶された建物【五選】

世界に点在する、世間から隔絶された建物。大自然の中にぽつんと佇む心惹かれる建物です。

更新日: 2017年05月27日

naokana135さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
77 お気に入り 50610 view
お気に入り追加

数百メートルの直立奇岩と修道院の強烈なコラボ

メテオラ修道院群(ギリシャ)

ギリシャ北西部のテッサリア地方にニョキニョキと生えた高さ20mから600mにもなる巨岩柱たち。その上にはいったいどうやって造ったのか、修道院がへばりつくように建てられている。

30m~400mの高さの岩の塔が60以上点在している「メテオラ」と呼ばれる地域があります。下界とは隔絶されたその岩の塔の頂上に、「メテオラ修道院」が建てられています。

現在残っている6つの修道院はいずれも拝観が可能ですので、修道院内部のフレスコ画や貴重な美術品を見ることができます。麓から見上げる「メテオラ修道院」も絶景ですが、修道院から眼下に広がる景観もまた絶景!

地上40mに建つ教会

カツヒの柱(ジョージア)

カツヒ・ピラーは自然石灰岩の岩柱で、クタイシから60km離れたカツヒ村にあります。周囲の渓谷を見下ろす、高さ40メートルにもおよぶ岩柱の上には、小さな教会と聖職者の住居があります

高くそびえ立つ細い岩。 その高さは40m、12階建てのビルに相当する。 この岩のてっぺんに家がある。

14年前からこの神聖な崖の上での生活を始めたという。マキシムさんは14年間、同じ生活を送っている。崖から降りてくるのは、週に2回、下の教会でお祈りをするときだけ。 その時に、お風呂に入ったり、洗濯をして、また138段のはしごを上って下家の上に戻るという

標高4000メートル!世界で最も高い場所にある山小屋

ソルベイ小屋(スイス)

ソルベイ小屋は質素な作りだが、ここからの眺めはなにものに代えがたい。この小さな小屋は、スイスのヴァレ州にあるマッターホルン北東の標高4000メートルの狭い尾根に張りつくように建っている。世界でもっとも高い場所にある山小屋。

電気は、ソーラーパネルが設置されていて太陽電池で電源を確保していて、緊急電話もあるようです。設立150年を超えるスイスアルペンクラブが所有しており、登山家、登山者、ハイカーに食料や避難所として提供。

川の中に建つ家

ドリナ川(セルビア)

1968年に地元の少年達によって川の中の家が建てられた。最初は別荘として使われていたようですが、その後カヤックイベントに使われるようになった。しかし2007年にはカヤックイベントは行われなくなった。

1 2





北海道の旬の話題やニュース、雑記など

このまとめに参加する