1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「話ができない状態もある」…小林麻耶が明かした闘病中の麻央に心配の声

フリーアナの小林麻耶(37)が27日、都内で著書「まや道~向かい風でも笑顔の理由~」の発売を記念したハイタッチイベントを行った

更新日: 2017年05月28日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
8 お気に入り 151980 view
お気に入り追加

○フリーアナの小林麻耶がハイタッチイベントを行った

フリーアナの小林麻耶(37)が27日、都内で著書「まや道~向かい風でも笑顔の理由~」の発売を記念したハイタッチイベントを行った

同書は昨年5月に発売されたが、同時期に麻耶が過労で休養に入り、イベントの開催も先送りされていた。

○キュートな麻耶スマイルで魅了した

イベントでは、来場者とハイタッチ。登場するなり「かわいい~!」と歓声があがり、キュートな麻耶スマイルで魅了した。

テレビ収録以外では公の場に初めて登場した麻耶は白のワンピース姿で、「お久しぶりです。元気を取り戻すことができて、イベントができてうれしいです」と笑顔を見せた。

「私は何とか元気を取り戻すことができました。ブログにたくさんの方からコメントをいただいて、お会いするのが楽しみです」と話した。

○乳がんと闘病中の妹・小林麻央の話題も

小林麻央(34)の入院先は毎日訪れているといい、「本当に妹は強い。逆に引っ張ってくれてすごく救われています」。

小林麻央(34)も仕事復帰を喜んでいるといい、「笑うと免疫力が上がるから、テレビでぶりっ子をして妹を笑わせたい」と前向きに語った。

○話ができない状態もあると明かす

「何度も危険な状態もあったけど、いつもいつも乗り越えてくれて、私たち家族は支える立場なのにいつの間にか妹に引っ張ってもらうような。妹が常に明るいので救われています」と感謝を口にした。

マッサージなどをして献身的に看病しており、「日によって体調が違い、お話ができる日もあれば、そうでない日もあるんです」と明かした。

○この日の朝には麻央から連絡があったという

麻耶と同じく、麻央もブログを開設し、日々の生活をつづっている。

○病床の妹が爆笑していたことも告白

麻耶は、今月15日放送のフジテレビ系「痛快TVスカッとジャパン」(月曜後7・57)の再現ドラマで、自身の代名詞“ぶりっ子”な女性を演じており、病床の妹が爆笑していたことも告白。

先日放送のフジテレビ系『痛快TVスカッとジャパン』で演じた“ぶりっ子悪女”は、麻央にも好評で「病室で大笑いしながら見てくれた」という。

「笑いは免疫力がアップする。これからも思いっきりぶりっ子を演じて、妹が笑う時間が増えたら」。

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。