1. まとめトップ

2017年 夏 メンズファッション トレンド 着こなし コーディネート

2017年「夏メンズファッション」トレンドのピンクから開襟シャツ、やBIGシルエットのTシャツなど、ドロップショルダーまでまとめました。

更新日: 2017年07月23日

32 お気に入り 133318 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

グラミチ ショーツ

982年、カリフォルニア州シルバーレイクでスタートした「GRAMICCI」。従来のプロユースのみのクライミングウエアマーケットに対し、柔軟性に富んだ独自のコンセプトに基づき、カリフォルニアの自然に囲まれた環境で親しみやすいソフトなクライミング・アウトドアウエアを発表し続けています。

出典zozo.jp

おなじみの180度自然な開脚を可能にしたガゼットクロッチはもちろん、片手で簡単に調節できるWebbingベルトを採用しており、穿き心地の良さも抜群です。

グラミチショーツのコーディネート

出典zozo.jp

膝上のコンパクトな丈感に、細身のシルエットが軽快な印象のショーツ。主張の控えめなディテールは様々なトップスに合わせ易く、着回しの利く点が強みです。

洗えるセットアップ

シアサッカーセットアップのコーディネート

出典zozo.jp

ONOFF兼用で使っていただけ、ノンストレスで着れる機能性を完備したセットアップとなっております。是非店頭にてご覧ください。

パックTシャツ

出典zozo.jp

「インナーはもちろん、アウターとしても1枚でも着られる」というヘインズのが生んだ文化を継承し、着丈、袖丈、身幅を日本人に合わせ、絶妙なフィット感を実現。

パックTのコーディネート

出典zozo.jp

繊維長の長いギザコットンを特殊な紡績技術で撚り合わせたコンパクト精紡交撚糸を使用。
キメ細かく滑らかで毛羽が少なく光沢感があるのが特徴。

BIG Tシャツ

出典zozo.jp

表面のネップ感が、無地に比べさりげない雰囲気を醸し出してくれます。サイズ感はトレンドのビッグシルエットで着るだけで旬な着こなしをお楽しみ頂けます。

BIG Tシャツのコーディネート

出典zozo.jp

大きくドロップした肩はリラクシングなスタイルを演出出来ます。
サイドにはスリットが入り、インナーをレイヤードさせたスタイリングもおすすめです。

出典zozo.jp

程よい厚みのあるコットン地を使用した半袖プルオーバーです。広めの身幅に、ドロップショルダーはリラックス感があり、今シーズンらしいスタイリングを演出します。豊富なカラーバリエーションですので、1枚でもレイヤードとしても重宝するアイテムです。

ドロップショルダー

出典zozo.jp

ややオーバーサイズに仕上げた今っぽいシルエットが特徴。
前後差を付けた裾が程よくアクセントに。

ドロップショルダーのコーディネート

出典zozo.jp

着用をスムーズにさせる肩口のファスナーや両脇の開閉釦のディテールがさり気無いアクセントを生むアイテムです。
ショーツやスキニーパンツと合わせるのがおすすめです。

開襟シャツ

出典zozo.jp

トレンドの開襟デザインでミニマルに仕上げたデザイン。
切り替え線に沿ってコンシールファスナーによる胸ポケットを施しているのもポイント。

開襟シャツのコーディネート

出典zozo.jp

滑らかなタッチで経糸にレーヨンフィラメントを使用しており、通常のレーヨン100%よりも皺になり難くなっています。
落ち感のある素材、ドロップしたショルダー、長めの着丈とリラックスした雰囲気に仕上げています。

ベロア素材

1 2